ラララ言えるかな★バードランドの子守唄/Lullaby of Birdland

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。10/25弱虫ペダル468話-10/20ダイヤのAactⅡ98話-10/18弱虫ペダル467話&イラスト-10/9ダイヤのA感想-10/6弱虫ペダル466話-10/5ダイヤのA奥村光舟&赤松晋二-9/27弱虫ペダル464話-9/4ダイヤのAactⅡ-9/1伊佐敷純-8/19ダイヤのA-8/9石田伝説-8/2BLEACHイラスト-7/14柳田悠岐とダイヤのA

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【弱虫ペダル NEW GENERATION】16話「2度目のインターハイ」 ~手嶋さん中心感想№10~


 セリフと中の人で『BLEACH』に思いを馳せたりした第16話「2度目のインターハイ」。

 まずは、箱学の銅橋さんから『オレンジ頭』や『オレンジ』と呼ばれていた鏑木くん。
 『オレンジ頭』といえば『BLEACH』の黒崎一護だった私だけど・・・
 ▼「オレンジ頭」の鏑木一茶と黒崎一護。色味がかなり違うわね
 #16オレンジ頭
 ※出典:第359話 「哀しみの戦い!一護vs茶渡&織姫!」 

 2つ目は、鏑木を『オレンジ頭』と呼んだ銅橋の中の人、小野大輔さん。
 小野Dはバウント篇では馬橋(まばし)、消失篇では月島の声でしたね『BLEACH』では。
 ▼バウント篇ってもう10年以上前なんですねw(゚o゚)w 
 馬橋
 月島&織姫のお料理は359話の<エクスキューション辞典>より。この月島さん最高に可愛かったわd(≧ω≦*)
 
 ペダルの感想なのに鰤画像ばっかでスミマセン。
 さて、いよいよインターハイの始まりです。
 小野田くんにとって2度目のインターハイ。手嶋&青八木さんにとっては最初で最後のインターハイ。期待が高まります!
 

第16話「2度目のインターハイ」 2017/04/24 onair

いよいよインターハイ栃木県大会の日がやって来た!連覇への決意を胸に会場入りしたチーム総北、王者奪還を目指す箱根学園、御堂筋率いる京都伏見…。全国の強豪チームが続々と集い、熱気に包まれていく。そして総北は前年優勝チームの証、ヒトケタゼッケンを手に士気を高める。そんな中、緊張からトイレへと駆け込んだ鏑木は、そこで箱根学園の銅橋正清と遭遇する。(出典:TV東京あにてれ
 ▼16話は三十三手嶋さん。心に沁みるセリフもありました
 #16取るぞ今年も



 以下絵付き感想は追記からどうぞ(*^^*)

web拍手 by FC2



 インターハイロードレース栃木大会当日早朝。スタート地点の宇都宮を目指す千葉県代表総北高校自転車競技部のバス車中。
 運転は3期ではまだ一言もセリフのないMr.ピエール(監督)。
 杉元(兄)が同乗のサポートメンバーに自分たちは『7人目のメンバー』と熱く語ります。
 すっかり杉元兄弟に肩入れしている私は、すでにここで目頭が熱くなってしまいました。

#16sugimoto
 当日僕らは走らない。だけど僕らなしではメンバーも走れない
 僕らはサポート。僕らは7人目のインターハイメンバーなんだ!
 ハイッ!
 兄ちゃん、カッコイイ・・・


 鳴子くんと共に爆睡していた小野田くん。
 話し声に目覚めてみれば、通路をはさんだ隣りには寒崎幹マネージャーの親友橘 綾ちゃんが。
 #16よっ
 橘さん、小野田くんの走りに興味あるみたいです。
 あら、これフラグ? ここで小野田君と橘さんにフラグ立っちゃうの?
 橘さんもいいキャラだと思うし好きなんだけど、私は小野田くんには寒崎さん派です。
 恋愛に関しては天然キャラな寒崎さんとド天然小野田くんの、「好き」って気持ちに気付かない不思議CPが萌えるなぁ♡♡♡
 二人の可愛いルックスとフワフワした会話に癒されたい(*・´艸`・*)

 会場に到着してみると、取材陣が注目していたのは前年優勝校の総北ではなく箱学でした。
 「取材人の動きはそのまま世間の評価」と冷静に告げる今泉くん。
 そんな中、手島さんが二度目の優勝を誓います。カッコイイ(*≧∇≦ノノ
 #16二度目を誓う

 手嶋さんからゼッケン「1」を受け取った小野田くん。
「1」はチームのエースナンバーだから当然今泉くんだと思っていたようですが、「1」は前年の優勝者が背負うナンバーなんですね。
 小野田くんが優勝するシーン見たかった!去年のインハイのアニメが未視聴、というのが残念でならない(´△`)
 ▼「優勝者の証し。ゼッケン1だ」
 #16ゼッケン1

 鳴子くんの「野暮用」は御堂筋くんへの宣戦布告でした。
 京伏のレギュラー山口紀之さんでさえ怯む御堂筋(もはや『人外』←)に対しても全く怯まない鳴子くん。
 ▼“自転車と友達をこよなく愛する男”の宣戦布告!
 #16宣戦布告 
 私的には「リアで付き合いたい総北キャラ№1」な鳴子くんですが、女子受けしないっていうの心外なんですけど。
 前年覇者としてステージに立ち一人ひとり紹介された際の声援(黄色い声)が、鳴子くんは男ばっか
 ▼「お前…男ファンばっかりだな」
 #16ファン層
 つか今泉くん、女子の応援を「どーでもいい」とか言ってませんでした?
 むしろ男ファンに応援される方が「走りを評価されてる」感じで、今泉くんこそそれを望んでると思ってたんだけど。

 話は少し遡って、トイレにかけこんだ鏑木くんですがトイレは満席。いよいよ(お尻が)危機的な状況になりトイレのドアを激しく叩き、ようやく中から出てきたのは箱学スプリンターの銅橋さん。
「レース前に誰も来ない場所で集中力を高めるのが儀式」なのに邪魔されて鏑木くんに抗議しますが、鏑木くんってば怯まない。度胸は一級品ね!
 #16鏑木銅橋
 でも流石に銅橋には一日の長がある。言葉で鏑木に揺さぶりをかけてきます。見かけによらず(シツレイ)頭脳派なとこあるじゃない。
 鏑木くん、「小野田はマグレで優勝した」と言われ跳ね付けるも、「今まで会ったどんな奴より強いか?」の問いに心が揺れてしまう。そうよね、普段の小野田くんは「強い」の対極にいる人物だからね。
 そこから銅橋の言葉に畳み掛けられ心が萎えていく鏑木くん。
 ちょっと、コレ誰が立て直すのよ? 段竹くんかな?

<Cパート>
 会場入りの時、沿道から「真波くんっ!!」と黄色い声がかかっていた箱学クライマーにして主人公のライバル真波山岳くん。
 #16まなみくんっ
 いやでも去年の東堂さんを思い出しますよね。
 でも「ファンの数、東堂さんより多いんじゃねぇか」という黒田さんにはひとことモンクを言いたい。 「東堂さんは神様なんだから比較は厳禁」だって!
 #16C
 こんなことやっちゃうトコが天然問いうか不思議ちゃんなんだわ。
 あー、荒北さん、早く応援に来てくれないかしら!

<エンカ>
 予想が珍しく当たり、背景に寒色きました!
 #16エンカ

 最後に、16話ゼンシーンの手嶋さんです♡
 #16teshima1 #16teshima2 #16teshima3 #16teshima4

--------------------------------------------------

 此処まで読んで下さった皆様、ありがとうございました<(_ _*)>

関連記事
スポンサーサイト

| 弱虫ペダル | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/867-103dc97c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。