ラララ言えるかな☆琴奨菊、、、

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。3/18フィギュア世界Jr.選手権-3/17弱ペダNG10話-3/13弱ペダNG9話-3/11BLEACH浦ルキ/浦夜-3/7テニプリイラスト-3/3放課後教室-3/2弱虫ペダルNG8話-2/28弱虫ペダルNG7話-2/25小3男子-2/19三原舞依

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「分数の説明にはケーキ」は現在でも有効でした ~放課後教室小2男子~


 平成28年度もあと僅か。
 小学校の放課後教室も、次回で終了となります。
 放課後教室では国語と算数のセット問題集が配られ、区切りの良いところで私たちが添削し、間違えた箇所を説明しています。

 1年生の国語には「音読」もあって、カタカナ表記の五十音を読んだりもします。
 大きな声で一生懸命読み上げる姿が、めっちゃカワイイ(*・´艸`・*)
 「シャシュショ」「リャリュリョ」などの拗音が上手く読めなくて何度も言い直したり、前後の席の女子が側に来て「ガンバレ」と応援するしぐさも以下同文。

 2年生の算数では、分数で苦戦する子供がチラホラ見られます。
 テープの半分の仕切りの1つが1/2、更に半分に仕切った1つが1/4、また半分に仕切った1つが1/8・・・
 と、図で示してあれば、1/2、1/4、1/8と、なんとなく書けてはいるのですが・・・
 でも、「どちらが大きいですか」の問題だと、分母が大きい数字の方を選んでしまうんですよ。

 で、そこに登場するのがケーキ☆
 ケーキ
 円を書いて、半分、また半分、更に・・・と線を増やしていき
 「ケーキを2人で食べるときと4人で食べるとき、もっと増えて8人で食べる時、僕が食べられるケーキが大きいのは?」
 これには即答で正解してくれます。
 おかげで、分母が小さい方が大きいのだと分かり、「<」「>」を正しく書き込むことが出来ました。

 ひとつハードルを越えた、と安心できたのは一瞬だけ。
 「1/8のテープを更に半分に折った大きさは?」
 で、つまづいてしまいました(;´艸`)
 そこでチャイムが鳴り時間切れに。

 来週までに、上手い説明方を考えないと!
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| つれづれ | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/852-30d14e7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT