ラララ言えるかな☆琴奨菊、、、

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。3/18フィギュア世界Jr.選手権-3/17弱ペダNG10話-3/13弱ペダNG9話-3/11BLEACH浦ルキ/浦夜-3/7テニプリイラスト-3/3放課後教室-3/2弱虫ペダルNG8話-2/28弱虫ペダルNG7話-2/25小3男子-2/19三原舞依

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【グランプリファイナル2016】金(羽生)銀(宮原)銅(宇野)メダルおめでとうございます!


 この記事(12月のマルセイユで宇野選手の胸にメダルが輝いている姿が見えます)の予想が当たり、宇野昌麿選手が銅メダルを獲得!
 昨年のシニアへ上がっていきなりの銅メダルも凄いと思いましたが、2年連続メダルはさらに価値があります。
 宇野選手はもはや「グランプリファイナルの優勝はお約束」な羽生選手と共に、日本が誇る珠玉のスケーターですね!
 宇野昌磨選手の素晴らしい演技を是非ご覧下さい。FSではネイサン・チェン選手に次いで2位でした!
 ▼単独のトリプルアクセル(3A)の箇所で、音楽とジャンプがピッタリ合っているのが、このプログラム見所の一つ!
 
 ジャンプ構成は、4F 4Tot 3Lo 3A 4T2T 3Lz堪 3A1Lo3F 3S
 得点は195.69点。(TES 104.75、PCS 90.94)←パーソナルベスト
 SPとの合計282.51で、SP4位からひとつ順位を上ての銅メダルでした!

 こんな記事がありました(12月14日加筆)
 【瞬間最高視聴率は午後9時54分の23・7%。宇野昌磨(18=中京大)の得点が出た場面
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000100-spnannex-ent
 今回出場を逃したけど、宇野選手をスカウトした浅田真央ちゃんのファンや、宇野選手の憧れ高橋大輔さんのファンの方々が応援したからかな(*^^*)

ネイサン・チェン選手>
 去年までジュニアだった17歳のネイサン選手は、SP5位から、素晴らしい演技でFS1位となり総合で銀メダルの快挙!
 難しい方から2番目の4回転ルッツと、3番目に難しい4回転フリップ、一番簡単な(というと語弊がありますが)4回転トーループをSPで2本、FSで4本入れてきました。
 特にFSの4回転は全部クリーンで、演技中は解説者が喋らない事の多いロシア放送でも、解説者(タラソワ女史&男性)がネイサン選手の高難度ジャンプが成功するたびに大興奮でしたね。
 あっ、タラソワさんは宇野選手の時もめちゃくちゃ褒めてました!(多分)
 ネイサン・チェン選手ジャンプ構成:4Lz-3T 4F 4T-2T-2Lo 4T 3A 3Lo 3F-3T 3Lz、演技動画

 ◆男子シングルSPフル高画質演技動画
 ※動画内開始時刻:紹介(02:20)、6分間練習(03:18)、①ハビエル・フェルナンデス(07:45)、②パトリック・チャン(13:31)、③宇野昌麿19:20、*2009年GPF映像…1位ライサチェック、2位ジョニー(25:03)、④ネイサン・チェン(27:03)、⑤アダム・リッポン(31:52)、⑥羽生結弦(37:36)
 ◆男子シングルFSフル演技動画 
 ※紹介(00:50)、6分間練習(01:40)、宇野昌麿(08:12)、アダム・リッポン(16:40)、ネイサン・チェン(24:56)、羽生結弦(33:07)、ハビエル・フェルナンデス(42:28)、パトリック・チャン(50:58)、羽生結弦インタビュー(59:52)

<女子>
 ▼女子シングル結果
  ※画像クリックで女子FSフル動画へ
 
 GPFladies.jpg
 紹介(00:59)、6分間練習(01:53)、.エレーナ・ラジオノワ(露)(08:22)、マリア・ソツコワ(露)(15:36)、アンナ・ポゴリラヤ(露)(23:22)、ケイトリン・オズモンド(加)(31:20)、宮原知子(39:17)、エフゲニア・メドベージェワ(露)(47:33)、優勝者インタビュー(56:27)
 宮原選手のジャンプ構成 は、3Lo 3Lz3T 3F 3Lz2T2Lo 2A3T 3S 2A
 2A3Tの2Aは幅のあるジャンプでしたので、ご注目の上是非ご覧下さい!

 ▼過去5年間のグランプリファイナル優勝者
 GPFチャンピオンto2015from2011

 2年連続優勝したのは、浅田真央、金妍兒、そして去年今年のエフゲニア・メドベージェワの三人。
 3年連続は優勝は、あのイリーナ・スルツカヤ選手だけです。
 来年メドベージェワ選手が3連覇すると、記録上はスルツカヤ選手に並ぶことになるんですよ!?
 隔世の感・・・・・
 ◆女子SPフル高画質演技動画
 ※動画内開始時刻:紹介(02:58) 6分間練習(03:43) ①宮原知子(09:53) ②ケイトリン・オズモンド(加)(15:33) ③マリア・ソツコワ(露)(21:09) ④アンナ・パゴリラヤ(露)(26:27) ⑤エレーナ・ラジオノワ(露)(32:12) ⑥エフゲニア・メドベデワ(露)(37:53)
 
<エキシビション>
 テレ朝の放送終了後はyoutubeのライストで24:40までライストで楽しみました。
 ▼エキシ滑走順
   GPF2016EX.jpg
 羽生選手はラストから2番目でしたね。
 4連覇は達成したものの、FSは3位と悔しさもあったようですが、EXでははじける笑顔でスケートを楽しんでいるように見えました。
 やっぱ笑顔の羽生さんがいいわ。
 「悔しいです」はもうお腹いっぱい!
 ▼エキシ演技のラストポーズ
 ラスト

 *** *** *** ***

 以下、捻くれ者視点のGPF感想、というかフィギュアスケートへの不満です。
 読んで不快になる可能性があります。お気を付け下さい。
 

 会場に空席が目立ち、埋まっている客席の6~7割が日本人だったのを見たとき、日本選手の表彰台を確信してしまいました。
 日本では盛り上がっているフィギュアスケートも、世界的には「オワコン」と言われているようですね。
 今大会も空席が目立っていました。
 だからISUはフィギュアスケートにお金を落としてくれる日本人のために、GPFではメダルを取らせたのかな、と邪推。
 けれど、最も権威のある世界選手権では容易にメダルは取らせない、みたいな?
 ・・・・・まぁ、捻くれ者の妄想ですけどね。
 
 技の見分けもつかないゆるいファンながら、ジャッジの評価に一貫性がない気がして仕方ありません。
 1コケしても点数が大台に乗る選手と、同等な構成でほぼ完璧な演技をしても大台の壁を越せない選手。
 極端にPCSを抑えられる選手。
 小さなミスも見逃されず過度に減点される選手。
 ミスしたのに見逃される選手。
 悲しいかな、どの選手にも平等に採点している、という姿勢が見えず憤りを感じることもしばしば。

 もっと肩の力を抜いて楽しんで見ればいいのに。って自分でも思います。
 自分でストレスを作り上げるくらいなら見なけりゃいい。
 でもフィギュアスケートは好きだし、応援したい選手もいる。
 というわけで、最近は表示される点数に左右されず、「心が如何に揺さぶられたか」で判断するようにしています。 
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| フィギュア他スポーツ | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/836-2ac51c2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT