ラララ言えるかな★谷崎潤一郎

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。4/24ペダNG14話-弱4/16弱ペダNG13話-4/9BLEACHイラスト&中村悠一-4/3弱ペダNG12話-4/1フィギュア世界選手権-3/29弱ペダNG11話-3/18フィギュア世界Jr.選手権-3/17弱ペダ10話-3/13弱ペダ9話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ペダステ】日テレプラスで放送:舞台「弱虫ペダル」(2012)感想&箱根学園篇~眠れる直線鬼~


 “ぶたいか(舞台化)”を漢字変換したら“豚以下”と表記した私のPCフザケンナモットヤレ()


 5/28(土)21:00~23:50に日テレプラスで放送された、舞台『弱虫ペダル』を観ました。
 2016年3月までで既に8作も上演されているペダステ。その記念すべき第1作目の舞台を発泡酒片手にお茶の間で楽しめる♡なんて至福なんでしょ(〃∇〃)
 放送されたのは千秋楽(2012年2月6日 ソワレ)だったからカーテンコールもあり、12人のカンパニーの仲の良さアピールとか苦労話とかアドリブの応酬だったとか内輪話にも花が咲き、最後の最後まで楽しませてもらえました。

 いきなりカテコの話題書いちゃったけど、いやもうホント、噂に違わぬ素晴らしい舞台でした!
 ハンドルだけでロードバイクを表現する演出はコレで有名になったこともあり、その後メディアに多数取り上げられ、稽古風景や芸人さんがチャレンジする企画でも見てはいたんです。
 でも、やはり観客のいる舞台上で演じられると迫力が違いますね。
「ハンドルだけなのにロードが見える」
 という感想は目にしていたけれど、ものの数分で私にも、あるはずのないロードが見えました。
 演出家の手腕とキャストの精進の賜物ですね!

 小野田坂道役の村井良太(キャスト名敬称略)は、以前から演技力の高い俳優だと感じていた通り、素晴らしく小野田坂道くんでした!
 うざくてヲタクで思い込みが激しくてお人よし。
 でもキラキラな笑顔はまぶしくて、かたくなな(ツンデレとも言う)今泉くんのハートを鷲掴みする魅力も持っている・・・村井良太はそんな坂道くんを実に上手く演じてくれていました。

 村井良太以外は、本役以外にヲタクやメイド、今泉ファンクラブのJK、インターハイ観戦中のカップル、運転手等々何役も演じていたの楽しかったわ。
 役者さんの別の一面(引き出しの多さ)が垣間見られた、というお徳感☆
 ペダステを観ながら、この役者さんの別舞台も観たいと思わせてくれました。
 
 今回のキャストで見たことがあったのは、金城真護役の郷本直也と寒咲通司役の倉貫匡弘。どちらもブリミュ(code003)。
 ブリミュはDVDや動画でシツコイくらい見たし、テニミュOB6人も以下同文。大山真志(田所迅役)は演技と歌唱力が頭一つ抜けてるのに当然ながらソロ曲なくて残念・・・
 そんなキャストの中で新規だった鳴子章吉役の鳥越裕貴と、東堂尽八役の玉城裕規の演技に心惹かれました。

 鳥越鳴子くんは新人らしい元気さとオイシイ役どころで光っていたし、玉城東堂さんは、アニメの東堂さんより人間味があって好感が持てました。
 公式サイトで玉城東堂を最初に見た時、実はあまり期待してなかったんです。でもそんな印象はいとも簡単にくつがされて!
 東堂役以外(アキバのヲタク、カップルの女、総北新1年生)の演技でもしっかり笑わせてくれて、別舞台で玉城裕規の演技を見てみたいと感じましたわ。
 12月のミュージカル『黒執事』~NOAH'S ARK CIRCUS~を観劇予定なので、スネークを演じる玉城裕規を見るのが今から楽しみです!

 福富寿一役の森本亮治は、最初の1作のみの出演ですが、腰がツラいと言っていたのも続投できなかった一因かしら。
 少し自分のイメージと合わない部分もあったけど、総北1年の杉元役がツボでした。

 あと、村井良太の汗の量凄かったわ!
 ただ、あれだけ汗を床に滴あせながらも、衣装には落ちないところがプロだなぁ、なんてへんなところで感心したり。

 そして荒北靖友役の鈴木拡樹。
 彼はどんな役もソツなくこなすイメージだけど、きれいな顔して荒北大丈夫?とか思ったのが申し訳ないほど野獣先輩(←違う)でした。ありがとう鈴木拡樹最高です!
 「戦国鍋」スキーなもので、村井&鈴木といえば『敦盛』的な何かを期待してしまうんだけど、この作品では坂道と荒北の接点はなし。
 アキバのシーンで、メイド鈴木とちょっとだけ関わる程度でしたね。

 今泉俊輔役のもっくん(太田基裕)はカテコで、「今泉はずっと俺がやります!」 宣言してくれて「きゃー♡♡♡」でしたね。
 もともとファンなので第三者的な感想は言えないけど、合っていたと思います。素敵でした!

 今泉ファンクラブのJKを演じた、金城真護役の郷本直也、巻島裕介役のばばりょ(馬場良馬)、田所迅役の大山真志が素晴らしすぎて腹筋崩壊ヾ(≧▽≦)ノ
 ばばりょ巻島の、総北女子制服からのぞく青ジャージだけで笑えたし、郷本金城の髪を指先でクルクルするのとか、大山田所の内股で膝をこすり合わせる仕種とか、イイモノ見せてもらったとしか言えない。

 ストレートプレイだと思っていたから、3曲(2曲?)あったのに驚きました。「ヒメヒメ」とあと1曲だと思っていたので。
 とにかく、これは私一人で見るのがもったいない舞台だったわ。
 息子と一緒に見ればよかった!
 男子でも充分楽しい内容&演出だったから。

** ** ** ** **

 ここまで、ダラダラと思いつくままの長文感想にお付き合いいただきまして、心より感謝いたします<(_ _*)>
 次回のペダステ放送は、舞台【弱虫ペダル】箱根学園篇~眠れる直線鬼~で、6/18(土)24:00~26:20放送です。
 それまではこの動画で期待値上げておこうかな(=^-^=)  
 
 
 拍手は管理人ご贔屓の箱根の直線鬼さんのアニメ画像です

舞台「弱虫ペダル
【公演日】
2012年2月1日~2月6日@天王洲 銀河劇場(東京) 9公演

【ストーリー】
総北高校の新入生、小野田坂道は、千葉から秋葉原まで毎週ママチャリで通っているほどのオタク少年。一人ぼっちの彼は、偶然出会った新入生の今泉俊輔にライバル視され自転車で勝負を挑まれることに。その後日、秋葉原で出会った関西のロードレーサー鳴子章吉と自転車を通じて友達になり、共に総北高校自転車競技部へと入部する。主将、金城真護を筆頭に、坂道と同じくクライマーの先輩巻島裕介、強力なスプリンター田所 迅らとともに、インターハイ全国優勝を目指す!

【キャスト】
・総北高校
  小野田坂道役:村井良大
  今泉俊輔役:太田基裕 鳴子章吉役:鳥越裕貴
  金城真護役:郷本直也 巻島裕介役:馬場良馬
  田所 迅役:大山真志 寒咲通司役:倉貫匡弘
・箱根学園
  福富寿一役:森本亮治 荒北靖友役:鈴木拡樹   
  東堂尽八役:玉城裕規
・パズルライダー:石丸隆義 松井貴典

【スタッフ】
原作:渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載)
演出:西田シャトナー
音楽:manzo
脚本:なるせゆうせい
挿入歌『恋のヒメヒメぺったんこ』 作詞:渡辺航、作詞補佐・作曲・歌:桃井はるこ

弱虫ペダル」箱根学園篇~眠れる直線鬼~
【STORY】
神奈川県の古豪、高校自転車ロードレース界の“王者"と呼ばれる「箱根学園」。インターハイ優勝常連校として常に勝つことを求められる過酷な環境の中、部内では実力者たちが箱根学園を勝利に導くために、日々しのぎを削っていた。今年も“王者"の名に相応しい選手が揃ったと確信していた彼らだが、エーススプリンターに与えられる名誉のナンバー・ゼッケン4番を受け取った“箱根の直線鬼"と呼ばれる新開隼人が突然インターハイ出場辞退を宣言する。過去のトラウマにより、ペダルを踏めなくなってしまった新開の運命は――――。そして、ゼッケン4番を欠いた“王者"箱根学園(ハコガク)に不穏な影が忍び寄る…。

■CAST
・箱根学園
  福富寿一役:小林且弥  荒北靖友役:鈴木拡樹
  東堂尽八役:玉城裕規  新開隼人役:宮崎秋人   
  泉田塔一郎:河原田巧也  真波山岳役:植田圭輔
・総北高校
  鳴子章吉役:鳥越裕貴
・京都伏見
  御堂筋 翔役:村田 充
<パズルライダー>
  松井貴典(リーダー)、栗栖裕之、校條拳太朗、鯨井俊介
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| 弱虫ペダル | 18:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/791-d1c1bb33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT