ラララ言えるかな☆ロンバルディア杯 宇野昌磨選手ぶっちぎり優勝おめでとう!

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。9/4ダイヤのAactⅡ-9/1伊佐敷純-8/19ダイヤのA-8/9石田伝説-8/2BLEACHイラスト-7/14柳田悠岐とダイヤのA-7/6弱虫ペダルイラスト-6/27ダイヤのAactⅡ83話-6/21弱虫ペダル感想-6/18ダイヤのA81話-6/12BLEACH実写キャスト-6/1弱虫ペダルと焼酎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メダル・ウィナーズ・オープン2016 観戦記(1/15ライブ放送)


 どのスケーターにも共通するのは「美しさ」でした!

 1月15日(金)に旧なみはやドーム(大阪)で開催された【メダル・ウィナーズ・オープン】をCSで見ました。
 なんとライブですよ!
 遠いしお金もない地方民に、現地観戦の醍醐味を味合わせてくれたT○Sさんったら太っ腹((⊂(^ω^)⊃))

 【メダル・ウィナーズ・オープン】とは、オリンピック、世界選手権、ヨーロッパ選手権、四大陸選手権、グランプリファイナルの5大会メダリストのみ出場できる、ISU国際スケート連盟公認のプロアマ混合国際競技大会。
 第3回となった今回は男女各5名が参加。
 さらにオリンピック4大会連続メダリストのエフゲニー・プルシェンコ選手(33/露)がスペシャルゲストで出演。
 昨年はこの競技会に出て、現役選手さながらの4T-3Tに成功した織田くんを破って優勝。
 メダルと4万5千ドルを手にしたプルシェンコの、今回のゲスト出演料はいくら?なんて勘繰ってる下種は私です。

 さて、気を取り直して感想を滑走順に綴ります。氏名の後の数字は年齢です。

<女子> 
 1番:佐藤有香(42/日) 1994世界選手権金メダリスト
 MOIyukaSATO.jpg
 リンクに立つ姿を久しぶりに見た佐藤有香さん。
 体型が以前よりすっきりした印象です。黒いロングの衣装が素敵でした。
 ジャンプは、2A、2A+1T、2Lo
 解説の八木沼純子さんと同級だそうで、「あんなに跳べるなんて凄い!」と八木沼さんも絶賛!
 滑らかで上品なスケーティングで見とれてしまいました。

 2番:キミー・マイズナー(26/米) 2006世界選手権金メダリスト
 16歳で世界女王のタイトルを獲得し、今回最年少のキミー・マイズナーさん。
 去年に引き続きの出場です。
 3つ目のジャンプが1Aになり得点なしで残念でしたが、女性らしい柔らかな縁起と美しい衣装と流れる金髪・・・・非常に見応えがありました!

 3番:カロリーナ・コストナー(28/伊) 2014ソチオリンピック銅メダリスト
 謹慎が解けた最初の競技会が、このメダル・ウィナーズ・オープンとなったコストナー選手。女子では唯一の現役選手です。
 とにかく圧倒的な存在感!リンクに映えます綺麗です!!
 いつも素敵な衣装で目を奪われるのですが、今回もとても素晴らしい。
 衣装では絶対優勝でした(*^^*)
 ただ、ショー向きですねコレ。ジャンプのとき顔に巻き付いて滑りにくそうでしたよ。
 美しいのはスタイルや衣装だけではなく、なめらかで深いエッジのスケーティングがもう本当に綺麗で(*・´艸`・*) いやもう眼福でした!
 演技構成点に10点をつけてるジャッジもいましたね。
 ジャンプは4本とも2回転でした。(一つは2A-2T) 
 20160115.jpg

 4番:安藤美姫(28/日) 2007、2011世界選手権金メダリスト
 今大会のために、1週間、カナダ・トロントで練習を重ねたそうです。気合い、入ってますね。
 まず最初のジャンプ、3Sはクリーン☆
 6分間練習の時、少し猫背気味で表情も固かったので「体調悪いんじゃ・・・」とハラハラしていたのですが、このジャンプで安心しました。
 2つ目ジャンプの3Lzは惜しかったです。コケてしまいました。
 3つ目は3S+2Tのコンビネーションの予定だったんでしょうか。3Sで手を突きながらもその後2Tを跳びましたが(これもお手つき)、スコアを見ると「3Sシークエンス」になっていますね。
 とはいえ、規定のジャンプを全て3回転、しかも一つはコンビネーションにしてくるのは、さすがジャンプの安藤さん、といったところです(^^)

 5番:ジョアニー・ロシェット(30/加) 2010バンクーバーオリンピック銅メダリスト
 スケートはショーの出演もやめて、お医者さんになるための勉強に専念すると聞いていたので、ロシェットさんの演技が見られたことが何より幸せでした。
 昨年も現役選手さながらの演技で優勝でしたが、今回も圧倒的でした!
 ジャンプ3つ(3F、3T+2T、3T)は、全て加点付きの素晴らしさ。
 スピンも綺麗で、力強さと情感を併せ持つ円熟の演技は、まさにスポーツと芸術の融合。
 白く煌めく衣装も、すっきりして素敵でした(〃∇〃)

 メダルはこの三人。左から2位のカロリーナ・コストナー、優勝したジョアニー・ロシェット、3位の安藤美姫。
 MWO2016ladies2 (1)
 ロシェットさんは、表彰式ではこの黒い衣装で髪は流していますが、演技の時は白い衣装で髪は結っていましたよ。 

<女子順位>
 1位:ジョアニー・ロシェット、 71.27点
 2位:カロリーナ・コストナー、 59.69点
 3位:安藤美姫、 54.13点
 4位:佐藤有香、 50.44点
 5位:キミー・マイズナー、 45.12点


 ↓花束にパディントンが(*′▽`*)
 MOI2016.jpg
 安藤さんには、ファンの方から大きな花束がいくつもプレゼントされていました。
 何十本もの黒薔薇(真紅)、相当なお値段だと思います。セレブなファンが多いのかしら。
 
 女子の演技終了後は、本日のスペシャルゲスト“皇帝”プルシェンコ選手の登場です。
 本日18日に動画がupされたので早速使わせて頂きました。
 百聞は一見にしかず、ですもの(^-^)b
 
Evgeni PLUSHENKO mwo2016(special guest) 投稿者 hana02014

<男子>
 1番:ジェレミー・アボット(30/米) 2008グランプリファイナル金メダリスト
 曲は「レ・ミゼラブル」より「Bring Him Home
 初出場のアボット選手、滑り出しから綺麗でふるえてしまう///
 スケーティングの美しさに定評がある彼はスピンも絶品です。
 ↓はスピンとそれはそれは美しい3Aの間あたり。端正な美しさ!
 MWOab.png
 最初のジャンプ、3F+2Tをクリーンに決め、2つ目の3Aもとてもきれいで流れるよう(〃艸〃)、3つ目の3Lzは・・・堪えました。
 ↓演技終了直後。
 MWOabbott終了
 凄い拍手でした!きっと絶対会場は総スタオベ!!
 MWOabbott拍手

 2番:ジョニー・ウィアー(31/米) 2009世界選手権銅メダリスト
 MWOバラ800
 いきなりキスクラの画像でスミマセン。
 でも、ジョニーといえば薔薇の花かんむりでしょ? 良く似合ってるわジョニー♡
 必ずピンクの薔薇のをプレゼントするファンの存在は、ジョニーだけでなく、地方住みのジョニーファンも嬉しいし感謝しているんです!
 演技に関しては、「仮面舞踏会」の曲に乗り、美を振りまいておりましたよ(*≧∪≦)
 久しぶりに目にした時計回りジャンプも新鮮かつ優美。
 ジャンプでは、1つ目の3Aはコケ方の見本のようでした。意地悪じゃなく本気でそう感じたたおやかなこけ方でしたよ。
 続く3S+2T、3Tと後半尻上がりに盛り上がりました。
 衣装は、袖のたっぷりとしたブラウスは「踊りにくいのでは?」と感じたものの、それ以外は身体にフィットしたものでした。
 美しい身体のラインを強調する意図があったのかな? 思惑通り見惚れたわジョニーd(゚∇^*)
 VE 013
 MWO.jpg MWO.png MWOjonnyキス
 演技終了後は観客に投げキッス♡
 MWOjばら

  3番:イリヤ・クーリック(38/露) 1998長野オリンピック金メダリスト  
 カワイイ系のお顔に金髪180センチの長身・・・「王子様」「氷上のディカプリオ」などと呼ばれ(日本で)、世界的にも人気の高かったクーリックさん。
 長野五輪優勝時は20歳。フリーでは4Tや3A+3Tなど現在でも遜色のない構成(タラソワ振り付け)でした。
 38歳の今回も3F、3Lz-2Tのジャンプは加点付きでした。3つ目のジャンプ3Lzはグラッとしちゃいましたがコケてない(ここ重要!)
 バレエジャンプの高さにも驚きました。サスガです!!
 ラベンダー色の衣装もお似合いでした。男子は白と黒が多いので、キレイな色があると何だか気分が良くなります。
 ▼せっかくなので、紅顔の美少年だった長野五輪のクーリックさんをご堪能下さい
 キリンみたいな謎衣装に突っ込んだら負けデス

 

 4番:ジェフリー・バトル(33/加 ) 2006トリノオリンピック銅メダリスト
 バトルさんといえば笑顔! というくらい感じのいい笑顔が印象的な彼。
 羽生選手の「パリの散歩道」「ショパンバラード1番」と振り付けしているし、日本のショーの演出、勿論自らも出演するしで日本人のファンも多いですよね。
 彼の演技の印象は「小粋」。アナウンサーは「オトコの色気云々」と言ってたけど(´・ω・`)
 MWOバト姐スタート
 演技開始後、とても長いイーグル。審判の前をドヤ顔でスル~。ターンしてスル~。
 途中の肩使い(?)肩の動かしかたが絶妙(*・´艸`・*) みんなイーグルはお綺麗でしたが、バトルのが最上級だと思います!
 MWOバト姐 MWOバト姐2 MWO姐イーグル
 ジャンプ、2F+3Tは着氷後にグラついてコケ。2Lz、ウォーレンからの3Tはきれい。
 2Lz後、3T前にもイーグルあり。
 腕や首のちょっとした振り方がいちいち素敵で、ライブで見られる幸せに浸った3分半でした。
 フィニッシュ後の「やっちゃった顔」はコンビネーションジャンプのミス?
 MWO姐フィニッシュ MWO姐ペロ MWO姐拍手

 5番:織田信成(28/日) 2006四大陸選手権金メダリスト
 1月9日の「NHK杯フィギュア スペシャルエキシビジョン」で膝の手術後初演技を披露した織田くん。
 あの時は暗緑色のブラウスでしたが、今回は白地にフリル&キラキラのブラウス。
 昨年の同大会で4T+3Tをクリアに決め、「現役に復帰すべき!」とみんなを思わせてから、もう1年経ったんですね。
 最初の3Aはコケ。3S+2T、3Tはクリアに決めました。
 織田くんのファンなので贔屓目に見てしまいがちなのですが、とても素晴らしかったです!
 今回は本人もファンも優勝を狙っていたと思います。3Aのミスが返す返すも口惜しい。
 ミスしたものの、アボット選手との点差はほんの僅かでした。
 現役選手に引けをとらない織田くん、あれだけメディア露出が多いのに練習を欠かさないってところが脱帽ですね。
  
 そして表彰台の3人は、画像右から、3位のジェフリー・バトル、優勝したジェレミー・アボット、2位の織田信成さん。
 MWOmen.jpg
 花束のパディントンと目録が正面になるように構える織田くん(b^ ^)bグッ♪

<男子順位>
 1位:ジェレミー・アボット 85.44点
 2位:織田 信成      83.82点
 3位:ジェフリー・バトル 72.76点
 4位:ジョニー・ウィアー 70.30点
 5位:イリヤ・クーリック  69.67点


 
<賞金>
 1位 45,000米ドル(約527万円)
 2位 40,000米ドル(約469万円)
 3位 35,000米ドル(約410万円)

<女子ジャッジスコア>
 http://www.jsfresults.com/InterNational/2015-2016/mwo/data0205.pdf

<男子ジャッジスコア>
 http://www.jsfresults.com/InterNational/2015-2016/mwo/data0105.pdf

メダル・ウィナーズ・オープンのルール
 演技時間は女子3分、男子3分30秒(+-10秒)
 演技の要素は7種類
  ・ジャンプは2回転以上を3つ
  ・スピンは内容・種類の異なるものを3つ
  ・コレオグラフィック・シークエンスを1つ
 特殊照明や小道具使用可(帽子、剣、杖、傘等)




 ※画像はクリックで幾分見やすくなります


------------------------------------

 15日のライブ放送を見てからブログ記事にするまで3日も経ったので、記憶が曖昧になっています。
 そのため間違い等あると思いますが、どうぞご容赦下さい。 
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| フィギュア他スポーツ | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/748-6e48be26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT