ラララ言えるかな★谷崎潤一郎

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。4/24ペダNG14話-弱4/16弱ペダNG13話-4/9BLEACHイラスト&中村悠一-4/3弱ペダNG12話-4/1フィギュア世界選手権-3/29弱ペダNG11話-3/18フィギュア世界Jr.選手権-3/17弱ペダ10話-3/13弱ペダ9話

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【GPSスケートアメリカ】SP4位からFS1位で逆転準優勝!宇野昌麿選手

宇野昌麿選手が日本男子歴代最高位を達成!

 シニア移行後のグランプリシリーズデビュー戦で2位という偉業を達成した宇野昌麿くん(17歳)、素晴らしい演技でした!
 解説の佐野稔さんも大興奮で思わず叫んでいましたね(ちょっと煩いとか思ってスミマセン)
 最初のコンビネーションジャンプ(4回転トゥループ-2回転トゥループ)が単独になったのを、基礎点が1.1倍になる後半で4回転トゥループに2回転トゥループを付けて*リカバリーした時ふるえてしました(≧∇≦)

 ・・・でもちょっと落ち着いた今気付いたんだけど、宇野君の構成は真央ちゃんが復帰したJO(ジャパンオープン)の時も、冒頭が単独の4T(4回転トゥループ)で後半に4T-2Tのコンビネーションでしたよね。
 ↓プロトコルで構成を確認(左JO、右スケアメ)
 うのfs 
 それに松岡修造のインタビューでも後半4T-2Tに触れてるし。
 つまり、地上波のテレビ放送(テ○朝)の構成表示が間違ってたということ?
 やだ。私の感動を返してよ○レ朝(笑)

 なにはともあれ、宇野くんの演技が素晴らしかったのは間違いなし。
 シニア初戦で銀メダルは、先輩の浅田真央選手と一緒d(゚-^*)
  
 ところで、宇野くんといえばこのポーズ。クリムキンイーグル。
 しょうま
 このクリムキンイーグル。どう見てもキツそうなのに、演技の後半も後半、最後のスピンの前にやるんですよ。
 宇野選手の159センチの身体には、計り知れないパワーが詰まっているのね(*´∀`*)
 ▼フリー1位に輝いた宇野君の演技をご覧ください
 
 得点:176.65(技術点:92.35、構成点:84.30)
 使用曲:プッチーニ  歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」

 一方女子シングルでは宮原選手が銅メダル!
 おめでとうございます!
 ▼表彰台の三人
 左:2位グレイシー・ゴールド(米国)、中央:1位エフゲニア・メドベデワ(露)、右:3位宮原知子(さとこ)

 satop3.png 
 宮原知子選手の演技素敵でした(≧v≦)
 解説者が宮原さんのことを「SAMURAI」と言ってるように聞こえるロシア語解説版動画↓
   https://youtu.be/WaEpvIst5oE
 得点:65.12(技術点:33.14+構成点:31.98)
 曲名:ミュージカル『リバー・ダンス』より「ファイアーダンス」ビル・ウィーラン作曲

 
 *:男子の前に行われた女子シングルで、宇野選手と同様に昨年のジュニアチャンプでデビュー戦のエフゲニア・メドベデワ選手(ロシア・15歳)が、2A-2T-2Tの予定が2Aだけになったのに、その後のジャンプ2つに2T(しかもタノ付き)をつけて見事にリカバリーし優勝。
 15才ながらその冷静さと根性に感心しました。
 まさかこれも放送局の表示間違い・・・じゃないですよね?
関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| フィギュア他スポーツ | 03:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/718-582a0e2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT