ラララ言えるかな☆ロンバルディア杯 宇野昌磨選手ぶっちぎり優勝おめでとう!

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。9/4ダイヤのAactⅡ-9/1伊佐敷純-8/19ダイヤのA-8/9石田伝説-8/2BLEACHイラスト-7/14柳田悠岐とダイヤのA-7/6弱虫ペダルイラスト-6/27ダイヤのAactⅡ83話-6/21弱虫ペダル感想-6/18ダイヤのA81話-6/12BLEACH実写キャスト-6/1弱虫ペダルと焼酎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

~地球は止まってる~  『ポケモンDP』SS デンジ☆ヒカリ

   「地球は止まってる」   


年の差、身長差CPって萌えます。
初めてのチュウ・・・だったりします///
OKな方は追記からどうぞ。

          
web拍手 by FC2

          「地球は止まってる」

 


私たちの前には水平線。
でも「線」だなんて、うそ。
ホラ、ゆるく、まあるく弧を描いてる。

丘の上に登ってどれくらいたったのかしら?
私たちの周りはすっかり朱(あか)くなった・・・

こっそりと左をむけば、あなたは目をそらさずに沈む朱い太陽を見ていた。
「にらんでるみたい。」
頭のスミのどこかで、そんないじわるなコトを思ったけれど、
ホントはあなたに見とれていたの。

背の高いあなたは、見上げる私の視線に気付かない。
だから私は遠慮なく、あなたの横顔をみつめていられる。

短い金の前髪が、かしこそうな額にゆれる影をおとしてる。
額から続く鼻のラインは、キレイに整っていてモデルさんみたい。
空のような海のような青い瞳は、目の前の空や海のように
太陽に染められて朱に見える。
そして、
男のヒトなのにまつ毛が長い! 長くてくるっとカールしてる!!

かわいい、赤ちゃんみたいだ。

そう思ったら、急にギュッってしたくなった。
赤ちゃんを抱きしめるみたいに・・・
やさしく、つつむように、大切に、両腕で
ギュッ・・・って。

でも、出来ないの。したいのに。
だって私の左手は、自分では動かせないんだもの。
華奢な身体に不似合いな大きなあなたの右の手が、
やさしいけれどしっかりと、私の左手を捉えているから。


ようやく視線に気付いたあなたが、私をみつめて、うすく笑った。

ああっ。
私に笑いかけるそのくちびるは。形のよいあなたのくちびるは。
やわらかいのかな。どうなのかな。
私がもっと大人になったら、それを確かめる事ができるのかな。

あなたはいつもするように、
視線を合わせるために膝を曲げて私に向き合う。
「カクン」って音が聞こえるみたい。
膝を曲げる音、「カクン」

さっきまでイケナイ事を考えていた私は、
夕日の朱だけじゃない赤で顔が染まっていくのが分かった。

はずかしくて下を向きたかったけれど、
微笑んでいるあなたのくちびるから目をそらせなくて・・・・
つないだ手を急に意識しだして・・・・
「いま放したらギュッってできる。
 お母さんがぼうやを抱きしめるみたいにギュッってできる。」
そんな全然違うことを考えている自分がいて・・・・


我にかえると、あなたの瞳は10センチ先。
近すぎて、なんだか分からないけど目をつぶってしまったの。
「ギュッ。」って。
それから、あなたの左の指が私のあごをわずかに持ち上げたのは覚えてる。



「ぼくの ヒカリ を つかまえた。」



私はあなたの胸の中で、そんな言葉を聞いた気がした。
顔は相変わらず熱っぽくほてっている。
でも、1番熱いのはきっとくちびる。

こんな顔を見られたら、死んじゃう!
はずかしくて、もう外に出られない!!
だから、しばらくはこのままでいなくちゃ。
くちびるにこもった熱がおさまるまでは。




お母さんがぼうやを抱きしめるみたいに「ぎゅっ」ってしたかったのは、私なんだから




--------------------------------------


は、はずかしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




関連記事
スポンサーサイト

| ポケモン(SS,イラスト、感想) | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/7-6fcad71d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT