ラララ言えるかな☆花總まり/松下優也『ROMALE ~ロマを生き抜いた女 カルメン~』2018年3~4月』

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。6/21弱虫ペダル感想-6/18ダイヤのA81話-6/12BLEACH実写キャスト-6/1弱虫ペダルと焼酎-5/27◆AactⅡ奥村光舟40-5/24イチルキイラスト-5/16弱ペダNG16話-5/8ジャンプ漫画家ランキング-5/7弱ペダNG15話-5/2期間限定熊本城主

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ダイヤのA】35話感想 ~月刊『野球王国』記者 峰富士夫(cv 松本忍)さんがイケボすぎる~


エース登場

ダイヤのA 第35話  「ポテンシャル」
               2014年6月8日(日)8時30分放送

 先週見逃したけど33話までの雰囲気で、てっきり乱打戦にもつれ込むと予想していましたが・・・
 降谷は1点で抑えてるし、青道は3点取ってるしで、薬師思ったほど強くない・・・・わけないですよね?

 3対1で迎えた2回裏、先頭バッターの降谷くんがいきなりバックスクリーン直撃のホームラン。
 失点を自らのバットで返した降谷くん、カッコよすぎる。
1_2014061018123656f.jpg ホームラン622x348
 でも先輩が声かけてるのに無視する癖があるからなぁ
 ま、いっか。2次元キャラだからヾ( ̄o ̄;)

 ホームラン打ってベンチに戻ってきた降谷くん、当初の予定の3回までじゃなく、二巡目からピッチャー交代を告げられます。
 でも、「いつでもマウンドに上がれるように」とそのままレフト(3年の坂井と交代)へ守備に就くことに。
 ここでの坂井先輩がオトコマエ過ぎて涙が出た。
 相変わらず表情筋の死んでいる降谷くんですが、貸してもらった外野用ミットの使い心地は最高のようでなにより^^

 さて、薬師の8、9番をきっちり打ち取った降谷くんに代わりマウンドに上がったのは栄純君!
 「気負い過ぎるなよ自分のピッチングをしてこい」ってクリス先輩の笑顔プライスレス///
気負い過ぎるなよ自分のピッチングをしてこい
 御幸「8、9番を抑えて降谷はお前に繋げたぞ。次はお前の番だな」
 うなずく栄純君は「あいつにだけは絶対負けたくない」と雷市に闘志を燃やしてます。
 「同属嫌悪」ってヤツかしらd(^ ^)
うなずき 89番を抑えてお前に繋げたぞ次はお前の番だな

 一方の雷市くんは、対明川戦のビデオで見て、栄純君に感じるものがあったわけで。
 青道には色んなタイプのピッチャーが4人いて、「おもしれぇこのチーム」とそれぞれと対決することを楽しんでる様子。
▼右は背番号20の二人が暑苦しいのでちょっとした清涼剤的なモノと思ってください
おもしれぇこのチーム 539x303.jpg
 背番号20の1年生対決。
 初球を御幸くんの要求じゃないど真ん中に投げてしまった栄純君。
 気負ったの?
 雷市が見送りストライクは取ったものの、御幸に剛速球で返球され・・・
 でも、それで目が覚めたようで、取りあえず良かったと言っておきます。
vs雷市1球目
▲なんだ今の投球!要求どおり投げないなら、今後一切リードしねぇぞ
 
 2球目からは御幸のリードに従い、雷市をピッチャーフライに打ち取った栄純君。
 「取ったぞー」がカワイイ(#≧∀≦)
取ったぞー ライチを打ちとった後
 「ムービングを見せ球に、最後はフォーシーム。ただのストレートがここまで強力な武器に生まれ変わるとはな」
 とリードする御幸くん。
 でもきっと、素直に褒めたりしないんだろうな。

 4回表、青道は1点を追加して5対1。
 4点差を追う薬師は、ようやくエース真田を登板させました。
 ↓足元から少しづつ移動して最後に顔にたどり着く、というカメラワークは「イケメン枠」だからでしょうか(笑)
 ▼イケメンさんなので拡大しても充分鑑賞に堪えます。クリック推奨
   sanada.jpg
 次回は英純君と真田の投げ合いですね。
 試合の流れも気になるし、ビジュアル的にも楽しみだわ←
 これで、明川の楊 舜臣くんが観戦してたら言うことないんだけど。進学校だから無理か>_<

--------------------------------

 ある意味アニメの内容より気になる峰富士夫記者の解説声。
 名前への突っ込みは、母親の子宮の中で済ませたので敢えて言いません。
みねふじお
 峰さんが指摘する「攻撃的継投の裏にある大きなリスク」というのが気がかり・・・

関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lalalaierukana.blog133.fc2.com/tb.php/538-6edbc9bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT