ラララ言えるかな

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。8/19ダイヤのA-8/9石田伝説-8/2BLEACHイラスト-7/14柳田悠岐とダイヤのA-7/6弱虫ペダルイラスト-6/27ダイヤのAactⅡ83話-6/21弱虫ペダル感想-6/18ダイヤのA81話-6/12BLEACH実写キャスト-6/1弱虫ペダルと焼酎

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【期間限定】熊本城主


 我が家の戸主が熊本城主になりました。
 夫が城主なら、妻の私は城主夫人!
 薔薇の花を背景にして「オーホッホッ」って高笑いしなきゃですね。扇を持ってヾ( ̄o ̄;)


 ↓↓↓これが熊本城主の証し。「熊本城復興城主手形」です
 IMG_8932.jpg
 大きさは名刺大。
 
 裏面には『城主名』、『城主番号』、『有効期限』が記載されています。
 実は、1年限定の城主様なのですよ。
 kumamotojousyu2.jpg

 昨年4月の熊本地震で多大な被害を受け、「復元まで20年」と云われている熊本城。
 雀の涙ほどの金額だけど、昨年11月に「熊本城の募金箱に直接入れたい」と、かの地を訪れた相方殿。
 その時のお礼に届いたのが、この手形と賞状でした。

 1万円しか寄付していないのに、賞状やら手形を個別に郵送してくれるなんて!
 熊本も出費が大変だわね。
 
 IMG_8930.jpg
 ↑このお知らせによると、昨年11月~12月末までで、

 569,035,541円

 もの寄付が集まったようです!
 五億だって! 凄いわね!!

 お城の再建と共に、熊本の復興を願って。
 私達も微力ながらお手伝いできたら、と思っています。

 くまモンも頑張ってるし!
 ・・・にしても森高千里さん、変わらないなー
 
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

| つれづれ | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「分数の説明にはケーキ」は現在でも有効でした ~放課後教室小2男子~


 平成28年度もあと僅か。
 小学校の放課後教室も、次回で終了となります。
 放課後教室では国語と算数のセット問題集が配られ、区切りの良いところで私たちが添削し、間違えた箇所を説明しています。

 1年生の国語には「音読」もあって、カタカナ表記の五十音を読んだりもします。
 大きな声で一生懸命読み上げる姿が、めっちゃカワイイ(*・´艸`・*)
 「シャシュショ」「リャリュリョ」などの拗音が上手く読めなくて何度も言い直したり、前後の席の女子が側に来て「ガンバレ」と応援するしぐさも以下同文。

 2年生の算数では、分数で苦戦する子供がチラホラ見られます。
 テープの半分の仕切りの1つが1/2、更に半分に仕切った1つが1/4、また半分に仕切った1つが1/8・・・
 と、図で示してあれば、1/2、1/4、1/8と、なんとなく書けてはいるのですが・・・
 でも、「どちらが大きいですか」の問題だと、分母が大きい数字の方を選んでしまうんですよ。

 で、そこに登場するのがケーキ☆
 ケーキ
 円を書いて、半分、また半分、更に・・・と線を増やしていき
 「ケーキを2人で食べるときと4人で食べるとき、もっと増えて8人で食べる時、僕が食べられるケーキが大きいのは?」
 これには即答で正解してくれます。
 おかげで、分母が小さい方が大きいのだと分かり、「<」「>」を正しく書き込むことが出来ました。

 ひとつハードルを越えた、と安心できたのは一瞬だけ。
 「1/8のテープを更に半分に折った大きさは?」
 で、つまづいてしまいました(;´艸`)
 そこでチャイムが鳴り時間切れに。

 来週までに、上手い説明方を考えないと!
web拍手 by FC2

| つれづれ | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「センセー!鈴木君と佐藤くんは付き合ってます。ホントです!」 ~放課後教室は今日もにぎやか~


 今年度の小学校放課後教室では、低学年の児童を担当しています。
 去年は高学年だったので、『ちびまる子ちゃん』の大野くん杉山くんタイプの、グッドルッキングでスポーツマンな6年男子を意識しまくる5年女子の図、なんていうのを横目で見つつ、算数と国語に取り組んだものです。

 ですが流石に低学年では、1~3年生男女が同じ教室にいても、恋愛模様が繰り広げられる気配は感じられません。
 期待しているわけじゃないですよ? 念の為に言っておきます。

 高学年と低学年女子の違いの一つに、持っているキャラクターグッズが上げられます。
 高学年だと、意外でしたが『黒執事』が人気です。
 低学年はディズニー。特に『アナ雪』のエルサが多いわね。
 成長につれて、ディズニーから日本の漫画へと興味が移るのね。
 ちなみに中学生だと、男女共に『艦これ』グッズを持っている子が多いですよ。

 男子の場合は、低学年ほど《かまってビーム》を発射する子が多い。
 手を上げてハキハキした良く通る声で、私たち(あくまでボランティアであってセンセイではない)を呼ぶんです。

 「せんせー、せんせー来て!」
 「せんせー! ○付けして下さい」
 「せんせー! 喉がかわいた」
 「ジャンバー教室に忘れた! 取りに行っていいですか」
 「児童館に行きたいから早く帰っていいですか」
 
 よく言えば自由奔放、、、、でも、元気がイイって素晴らしい事ですよ。 ホントに心からそう思います!
 まぁね、ぶっちゃけ可愛いから許しちゃうんですけどね。
 自分の子なら滅茶苦茶怒ってる場面だけど、他人の子だとどうして此処まで寛容になれるのか不思議だわ。

 ってやっとここで、タイトルの「センセー!鈴木君と佐藤くんは付き合ってます。ホントです!」についてです。
 これは3年男子山田くんの言葉なんです。
 しかも鈴木くんのほうは同じ放課後教室の生徒。
 メッチャ否定していましたよ鈴木くん。 当然のことながら。

 「いや俺、付き合ってるのが変とか思ってないから」
 「ただセンセーに教えてあげてるだけ」

 山田くんの《かまってビーム》は変化球。
 さすがは低学年クラスの最上級生ってとこかな(*^ー^*)
 
web拍手 by FC2

| つれづれ | 03:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『首七つ』(ひろのみずえ著)感想&『アルジャーノンに花束を』(ミュージカル初主演 矢田悠祐)

 
 「怖くなかったら、感想をあげてみたいと思います」
 とココでお約束したので書き留めておきます。

 ▼タイトルだけでもインパクト強いのに、カバーイラストが輪をかけて凄い!
 017.jpg

 表題作のほか、「ヤドカリ」、「幽体離脱」、「早起きは三枚のせんべい」、「ボクの神様」、「河童」、「怖かったの」の7作品。
 結論から言うと怖くはありません。
 ただし、怖さを感じないのは、あくまで読んだのがお婆な私だからです。
 忘れていたけど、これは【児童書】なんですよ。
 子供なら、かなり衝撃を受ける内容だと思います。

 「○ンコワ」の再現ドラマや、「世にも○妙な物語」を見ている気分を味わえます。
 遅読の私が1時間半で読めたので、皆さまなら1時間でショートストーリーを7本観た(読んだ)感覚でしょう。
 そういう意味では密度が濃い、と言えるのではないでしょうか。

 特筆すべきは、著者ひろのみずえさんの素晴らしいタイトルセンス!
 「この内容でこのタイトル!?」
 読んだ人にしか分からない驚きを、是非あなたも味わってみて下さい。

 児童書 なので、小中学校の図書室や市民センターの図書コーナー、こども図書館にあると思います。
 ご購入の参考までに↓
  

  お値段:1,404円(本体¥1,300)
  発 行:2006/11
  発行所:大日本図書



 重ねて言いますが、大人は怖くないけど子供だと、老舗旅館の露天風呂や流れるプールへ行きたがらなくなったり、ミドリガメや犬やカエルなど生き物が嫌いになったり、トリ肉やお煎餅が食べられなくなったりする可能性があります。ご注意下さい。

 とりあえず読書週間中に普段読まないジャンルを読む、という目標は1冊だけだけど達成。
 今は『ちびまる子ちゃんの古典教室』を読んでいます。
 ▼これも表紙が可愛いという理由で手に取ったのでした
   古典
 「読む」というより専ら「眺め」て楽しんでいます。
 古典が苦手な長男にも読ませよう!

 そうそう、巻末の紹介ページにあった『両さんの地図大達人』に興味津々です。
 ▼地理音痴、方向音痴の私のバイブルになるかもd(⌒o⌒)b
   地理
 はい、ここまで全て児童書でした。

 一般向けの本では、『アルジャーノンに花束を』を読み返したいと思っています。
 少女時代、萩尾望都の『毛糸玉にじゃれないで』で知って、 「SFなのにロマンチックなタイトルだなぁ」と思っていた本です。
 アルジャーノンは『攻殻機動隊』にも出てきたと思います。
 
 でも『アルジャーノンに花束を』を読み返したいのは、テニミュでファンになった 矢田悠祐さんが、来年3月にミュージカル「アルジャーノンに花束を」で主演するからです。
 ▼この矢田ちゃんは天才になる前のチャーリィですねきっと///
 algernon360_3.jpg
  *画像はコチラからお借りしました

 さすがにQ州の田舎から関東関西まで遠征はできないけど、矢田ちゃんの成功を祈っています!!! 

<参照> 
 ■ミュージカル「アルジャーノンに花束を」公式ホームページ 
           http://www.algernon-musical.com/
web拍手 by FC2

| つれづれ | 16:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「いざ、読書。」 読書週間2016

 ハッピーターンでも食べながらどうぞ(*´ー`*)

*** *** ***

 10月の学校図書室は、ハロウィンの飾りつけや読書週間の準備で、忙しくも楽しい時期です。
 小学校の図書室だと、かなり凝った飾りつけをしている学校が多いので、お子さんが小学生の方は、PTAや学校行事で来校される際には、是非図書室も覗いて見て下さい。

 今の図書室は、ライトノベルも充実しているし、カワイイ表紙&挿絵の初音ミクシリーズ、ワンピース設定集、『銀魂』、『BLEACH』、『黒バス』、『ハイキュー』などジャンプ系漫画や少女漫画の小説本なども揃っています。

 余談ですが、舛添要一前東京都知事の出身高校の図書室は、入り口そばのテーブルに漫画の単行本がたくさん!
 「新刊も即入りますよ」と司書さんが自慢していたのが印象的でした。
 進学校なのに漫画もOKって柔軟でいいな、と思いました。いや進学校だからこそ、漫画くらいで目くじら立てない、ってことかも。

 さて、本日10月27日から11月9日は【第70回読書週間】です。
 読書の秋ですし、いつもと違うジャンルの本を手にとっている方も多いのでは。
 かくいう私も新ジャンルに挑戦してみようと、書架の整理をするふりをしつつ、目に付いたタイトルの本を抜いてみました。
 それがコレ、ひろのみずえ著『首七つ
   017.jpg
 うわぁ。夢に出てきたらヤバイ感じ。
 怖そう・・・。怖いよね? 昼間に読んだ方がいいかな。
 でも案外、ハッピーパウダーで広がるしあわせ家族・・・みたいな内容かもしれないし?
 そういえば、ハッピーターンは40周年だそうですね。なんと『こち亀』と同級生(*´ー`*人*´ー`*)

 
 怖くなかったら、感想などあげてみたいと思います←


 ※拍手イラストは、ポケモンのムサコジです。
  ポケモンのカップリングでは、ムサコジとデンヒカ推し。趣味の合う方、手を上げて下さい!!
  拍手イラストじゃないけどデンヒカ、前に一度描いています。
  「見てやろう」って方はコチラまで

web拍手 by FC2

| つれづれ | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リストカットの傷は残らない


 梅雨入りした頃はお天気続きで「今年は空梅雨?」と思ったら一転、連日の大雨で被害も出たここQ州。
 雨だと外に出られないので、昼休みの図書室はご祝儀も出ないのに連日満員御礼状態でした。
 
 そんな折、梅雨の晴れ間で図書室に元気な男子が来なくて女子率の高い日に、数名で入室した一際眩しい笑顔の女生徒に目がとまりました。
 それは昨年里親に引き取られ転校してきた『自傷行為はやめられない?』の彼女だったんです。
 
 転校当初はクラスに馴染めず、挨拶してもシカトされたり、聞こえるように陰口言われたり・・・だったそうです。
「この学校嫌い。冷たい人ばっかり!私の言うこと誰も信じてくれない。」
 それでも、別の里親に引き取られている下のきょうだいの手前「施設には戻れない」と言っていました。

 ところが、今私の目に映る彼女は、女子同士で楽しそうに笑っているし、男子とも気軽に会話しています。
 なんというか、嬉しい驚きで声をかけることが出来ませんでした。

 カウンター越しにしばらく様子を窺ってから、久しぶりに彼女の名前を呼ぶと、ちょっと恥かしさの混じった笑顔で来て最近の状況を話してくれました。
「今のクラスは好き。みんな優しいよ。私バカだけど勉強もすごく頑張ってるから」

 学年が変わって、クラスメイトや担任に恵まれたようです。
 里親さんとの関係も良くなっているんだと思います。
 以前は、里親さんの話題をふると、不満しか出てこなかったから。

 本当の親子でも、相手の考えなんて分からないんですから、ましてや里親をや・・・ですよね。
 コミュニケーション手段やツールはたくさんあるようでも、やはり面と向かって会話するのが手っ取り早いんだな。

「あのね、ようやくだよ。半年かかって漸く里親とね・・・」
 彼女はここで言葉を切りました。
 
 中学女子の成長は早い!
web拍手 by FC2

| つれづれ | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自傷行為はやめられない?


 今月転向してきた女の子。
 家族で引っ越してきたわけじゃありません。
 性暴力を受け、父親と継母の暮らす家から施設へ移り、私がボランティアをしている中学校区の里親へ引き取られたのです。

 中一のときトータルで数ヶ月しか学校に通えず、今学習面でとても苦労しています。
 ここ2回英語をみてる・・・というか一緒に取り組んでいますが、授業に出ていなかったので、当然ほとんどの単語がわからない状況。
 でも、分かるようになりたい、という意欲は凄く伝わってくる。
 若いから覚えが早くて、単語や慣用句もスルスル頭に入っていきます。

 彼女がこの学校に来た経緯は、英語をしながら彼女の口から出たものです。
 他のきょうだいも里親や施設にいて家族はバラバラ。
 彼女の望みは本当のお母さんと暮らすことだけど、親権は父親が持っているとか。
 一連のあまりに衝撃的な内容に、教師でもカウンセラーでもない私は、気の利いた言葉一つかけてあげられなかった。
 私の目を見て元気に話す彼女がまぶしく見えました。

 そんな彼女の左手の甲に大きなカットバンが。
 「猫にひっかかれた?」
 と細い引っかき傷がいくつもカットバンからはみ出た手の甲を見て私が聞いたら、慌てた彼女ともう一人のボランティア。

 元看護師のボランティアによると、あれは自傷行為だそうです。
 先週は言わなかったけれど、どうも彼女、里親とのコミュニケーションが進んでいないらしくて。
 話し合わないとお互いを理解できないでしょうけど、お互いに遠慮してうまく歯車が回っていないのかも・・・

 里親さんにも子どもや同居のお爺さんお婆さんがいて大変だと思います。
 むしろ、そんな状況で他人の子どもを預かり育てるなんて、本当に頭が下がります。
 けれども、自傷行為には気付いてほしい。

 もどかしいけれど、私はただのボランティア。
 何の資格も権限もないし責任を取ってあげられるわけじゃない。
 一緒に勉強することと、彼女の不満や愚痴を聞いてあげることしか、今のところやってあげられることがない。

---------------------------------

 このブログには添わない内容なのに、ここまで読んで下さってありがとうございました。
  
web拍手 by FC2

| つれづれ | 12:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |