ラララ言えるかな★いつか王子様が/Someday My Prince Will Come

介護系茶道講師の海外ドラマ・ミュージカル・フィギュアスケート・二次元な日々。10/20ダイヤのAactⅡ98話-10/18弱虫ペダル467話&イラスト-10/9ダイヤのA感想-10/6弱虫ペダル466話-10/5ダイヤのA奥村光舟&赤松晋二-9/27弱虫ペダル464話-9/4ダイヤのAactⅡ-9/1伊佐敷純-8/19ダイヤのA-8/9石田伝説-8/2BLEACHイラスト-7/14柳田悠岐とダイヤのA

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】第98話「集結」 ~10月19日は楊舜臣のl誕生日~


 もしかして「東京選抜」で楊舜臣を見られるかも・・・・

 なんて淡い思いを抱いていた私ですが、予想の99%が悉く外れるので期待はしていませんでした。
 日米対抗戦だから、台湾人の楊くんは含まれないって・・・
 ところが!
 嬉しい誤算というか、神が降りてきたというか!
 楊舜臣が選抜されていました(≧ꇴ≦)♪
 寺嶋先生、ありがとうございます!!

 ↓嬉しさのあまり楊舜臣詰め合わせ作ってみた
 #98集結舜臣x90 
 アニメをまともに見出したのが明川戦からか、単に眼鏡男子が好きだからか、楊くんは他校で最初にファンになった投手でした。
 野球はモチロン、描かれた彼の背景や人となりも、楊舜臣には好感しか持てない。

 ところで、アニメの絵と比べると、最近の原作絵は丸っこく可愛らしくなっていると感じます。
 原作絵を初めて見たのは、actⅡ15話「初顔合わせ」で、その時も楊君の第一印象は「意外と可愛い」だったんですよね。
 #15楊
 その時は、「試合に出ていなかったから」そう感じたんだと思っていました。
 でも、最近沢村が中学生みたいに幼くなってるし、イケメンと評判の御幸にも、イケメンオーラを感じなくなって・・・スミマセン、口が過ぎましたm(_ _)m

 最後に、「楊くんといえば、ユーミン
 なんだけど、あえて別ジャンルの曲をご紹介します。
 98話を読みながら、頭の中でエンドレスリピート中です///
 ▼「いつか王子様が/Someday My Prince Will Come」
 
 ジャズの名曲なので、タイトルは知らなくても、誰でも絶対聞いたことがある曲です。
 『坂道のアポロン』の前半で、主人公が好きな女の子に弾いてあげてた曲でもあります。


拍手画像は、モチロン楊君です
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

| ダイヤのA | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№48&赤松晋二まとめ№2


 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズの第48回目。
 今回も、稲実の大型ルーキーでルックスがドストライクな赤松晋二もまとめてみました。

ダイヤのA actⅡ 第91話 「復帰間近」

   2017年8月30日(水)発売週刊少年マガジン第39号



#91復帰間近
奥村光舟の活躍>
 ・登場コマ数 ・・・13プラス1(対談ページ)
 ・セ リ フ  ・・・2

P6
 一軍・・・・(モノローグ)
P19
 スタメン外されるかと思ってた・・


 タイトルから察せられるように、背中の痛みで一軍から離脱した降谷が順調に回復し、復帰のメドがたってきた、という回でした。
 主人公沢村栄純の成長を描く作品とはいえ、「同校ライバルである降谷が故障したからエースになれた」なんてのは御免です。
 高い壁に挑み、実力勝負でエースの座を勝ち取る沢村が見たいんです。沢村くんガンバ!

 降谷の精神的な成長が描かれ、青道内エース争いは皿に面白くなったものの、シニア時代の監督云々で拗らせちゃってる奥村くんは、なかなかスッキリしない展開です。
 いい加減子供っぽいコダワリを引き出しに仕舞わないと、躓くんじゃないかしら。
 野球技術の方は、今のところ、片岡監督も落合コーチも認めているけれど、スポーツは「心技体」が揃ってこそだと思うんです。
 心の方も成長しなきゃね。

 最近気になるのは、1年生の奥村光州君!!
 御幸君へのライバル心が僕の「下克上」精神と似ていて応援したくなります!!


 これは、本編後の対談ページ(西武ライオンズの左腕菊池雄星投手&十亀剣投手と寺嶋裕二先生との対談)で、高校時代背番号10番の補欠だったという十亀剣投手から奥村くんへの応援メッセージ。
 奥村は、ほぼ間違いなく、御幸一也引退後に、主人公沢村の相棒になるキャラですよね。
 期待してるんですよ?
 だから奥村は一日も早く依怙地を捨てて、沢村と沢村のナンバーズに対峙してほしい。そう思っているのは私だけなの?

 さてさて、次は人気赤丸急上昇(自分比)の赤松くんです。
 春季関東大会3回戦、稲実は北進と対戦。
 6回から先発平野を引き継ぎマウンドに立った1年生の赤松晋二
 打撃が好調だった北進高校相手に、マウンドでは終始笑顔なんて余裕ですね(〃∇〃)
「とても初登板と思えないほど落ち着いていたよ」(渡辺談)だそうです。
 これは、夏の甲子園を賭けた西東京大会も、めっちゃ熱くなりそうですね!
 #91akamatsu 
 赤松晋二の活躍>
  ・登場コマ数 ・・・7
  ・セ リ フ  ・・・なし
 今回の扉絵は稲実三人の微笑ましいイラストでした。
 もの凄く好き!!
 構図もシチュエーションも三人の表情も、まるっと全部お気に入り♡
 91aka扉


 拍手画像も赤松くんです(#^.^#)
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 13:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№47&赤松晋二まとめ№1

 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズの第47回目。第88話~90話のまとめです。
   ※10/9画像を追加

 90話「富士の麓」では奥村の登場がなかった為、稲実の1年生投手*赤松晋二をまとめてみました。
 (*赤松って「弱虫ペダル」の新開隼人に似てません?)
 連載は現在第96話「伝熱」(10月4日発売少年マガジン第44号)となっています。
 #88_89_90

ダイヤのA actⅡ 第88話  「セブンティーンズ」

    2017年8月2日(水)発売少年マガジン第35号


 #88セブンティーンズd85
<第88話 奥村光舟の活躍>
 ・登 場・・・19コマ
 ・セリフ ・・・7

P4
「今日も塾ですか?」
「じゃあ なんでいるんですか?」
P6
「一軍にいる先輩方から見れば」
「自分なんて星屑みたいにちっぽけな存在でしょうね」
「俺は・・」
P7
「一軍に上がるだけじゃなく」
「レギュラーポジションも奪い取るつもりですよ」


 タイトルは、沢村栄純が17歳の誕生日を迎えたからなんですね。
 奥村と一悶着あった後、降谷が故障とはいえ、青道の投手としてやっと頭角をあらわしてきた沢村くん。
 対外試合での活躍が続いて、沢村ファンとしては嬉しい展開だけど、未だに5月中旬なんですね。
 actⅡが始まって88話までで5月15日。
 御幸世代最後の夏の甲子園が始まるまでに、あと何年かかるのか?
 描く方がモチロン大変でしょうけど、読者もけっこう大変というか、長く付き合う覚悟が試されてる気がしてきたわ。

 #88左利き
 5号室のカレンダーに誕生日を書き込んだ沢村くん。
 左利きだから、花丸の渦巻きが普段目にするのと逆ですね( ^ω^ )

 遅ればせながら、沢村栄純くん お誕生日おめでとう!!
 #88中坊かな
 最近、中学生くらい可愛くなってきたわね。
 個人的には、もう少しオトナっぽくカッコよく成長する沢村を希望。

ダイヤのA actⅡ 第89話  「ナビゲーター」

    2017年8月9日(水)発売少年マガジン第36・37号


 #89 ナビゲーターd90
 <第89話 奥村光舟の活躍>
  ・登場回数・・・21コマ
  ・セリフ ・・・8(モノローグ含む)

P8
「・・はい」
「そのつもりです」
P9
『先輩方を差し置いて自分が試合に出る意味・・』
『それは理解している・・』
『けど・・』
『グラウンドに立ったら関係ない』
『試合に出るからには』
P10
『結果で応えたい----』


 奥村くん、イケメンキャラと思いきや、最近ネタキャラ化していません?
 「※イメージです」
 という、フィルターのかかった奥村視線の御幸と沢村が、毎回面白すぎます。
 ▼御幸はいつも悪代官風。沢村はワンコ
 #89奥村のイメージの違い

ダイヤのA actⅡ 第90話  「富士の麓」

    2017年8月23日(水)発売少年マガジン第38号
 ダイヤのAが表紙&巻頭カラー!! しかも金丸メインヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃
 90表紙 90金丸


 奥村の登場がなくて残念とはいえ、稲実期待のルーキーがいよいよベールを脱いできましたね☆
 赤松のファーストネームが、寺嶋先生がキャラ名の参考にしたと思われるロックバンド「THE BACK HORN(ザ・バックホーン)」にいたので、活躍は確信していました。
 だからこそ、「やっと」マウンドの赤松くんを見られて感激もひとしお。
 投球内容は次回に持越しですが、度肝を抜く好投であることは間違いなし!
 #90富士の麓
<第90話 赤松晋二の活躍>
 ・登 場・・・5コマ
 ・セリフ ・・・なし

 冒頭でも触れましたが、赤松くんってペダルの新開さんと同類の雰囲気ありません?
 赤髪、タレ目、おだやかな笑顔
 共通項は今のところコレだけなんだけど、普段笑顔を浮かべてるキャラって相当怖いじゃないですか。
 お兄さんとか、亮介さんとか、小湊先輩とか←
 笑顔がなくなった時、「鬼」に豹変したりして?
 なんて、イケメン赤松くんの二面性に、勝手に期待している今日この頃であります。



<参照>THE BACK HORN(ザ・バックホーン)メンバー
   山田将司 (ボーカル)
   菅波栄純 (ギター)
   岡峰光舟 (ベース)
   松田晋二 (ドラムス)
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№46


 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズの第46回目。
 連載は現在第91話「復帰間近」(8/30発売少年マガジン第39号)ですので、かな~り前のまとめになります。

ダイヤのA actⅡ 第87話  「誓いのようなもの」

    2017年7月26日(水)発売少年マガジン第34号
#87top



 1年の中では特出して出番の多い奥村くん。87話では42コマも登場しました。
 ファンとしては嬉しい反面、出番の多さに比例して人気が上がっているかと問われると微妙なんですよね。
 ネットの感想でも、好感を抱いている人はごく少数・・・
 私でさえ、同学年のライバル、由井薫くんに肩入れしてしまう程なんですもの。
 近い将来、1年時の沢村とクリス先輩の時のような展開がくると信じているものの (´・_・`)
 
 奥村光舟まとめ№46>
 #87誓いのようなもの2200x1367d8585
 奥村光舟の活躍>
  ・登場回数・・・42コマ
  ・セ リ フ ・・・24

 P3 
 「ありがとう」
 「・・すごいな」
 「球種だけじゃなく」
 「コースも書き分けてる」
 「序盤は色んな球種を打者(バッター)に見せる為球数が多い・・」
 「けど中盤にかけ殆どボール球がない・・」
 「常にゾーンで勝負してる・・」
 P4
 「投手のストレート(武器)を信じる」
 「シンプルで無駄のないリード・・」
 「・・・・」
 P8
 「なんなんだよ・・」
 「・・・・・くそ」
 P9
 「ムカつく・・」
 P14
 「ナイスボール」
 「次15球目です」
 P15
 「・・・・」
 「すみませんが」
 「それはできません」
 P17
 「・・・・」
 「その時が来れば・・」
 「喜んで・・」
 「ただ・・」
 P18
 「自分は捕手(キャッチャー)です」
 「一軍に上がっても捕手(キャッチャー)しかできません」

 ※P8のコレ(ハーハー)は含んでいません
    ハーハー



 

web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月1日は『ダイヤのA』の伊佐敷純さんの誕生日です


 卒業してしまったキャラだけど、あの学年のレギュラーは個性が際立っていて、みな愛すべきキャラクターでした。
 その中でも伊佐敷先輩は、情の深さではナンバーワンじゃないかしら。

 まずはプロフィールから

伊佐敷 純(いさしき じゅん)

 青道高校OB(前青道野球部副主将、沢村世代の2学年上)
 出身:神奈川県 / 綾上シニア
 ポジション :中堅手(センター)  背番号:8
 投打:右投げ右打ち
 ヒッティングマーチ宇宙戦艦ヤマト
 身長 / 体重:169cm / 63kg
 血液型:A型
 誕生日:9月1日
 趣味:少女漫画を読むこと
 ニックネーム:青道のスピッツ、ヒゲ先輩
 声優:小野友樹 
 舞台:高橋良輔



 野球選手としては小柄(169cm)ですが、もとピッチャーだそうです。運動神経良さそうですよね。
 片岡監督が「強肩強打吠える3番、センター伊佐敷純」と仰っています(※下の動画参照)
 個人的には、強肩だということで、キャッチャーもイケるんじゃないかと思っています。
 で、沢村とバッテリーを組んだら、純と栄純で【純々コンビ】なんて呼ばれるのかなーって(^^)  
 私だけが楽しんでスミマセン

 ヒッティングマーチは『宇宙戦艦ヤマト』です。
 今年の夏の甲子園でも、何度も耳にしました。力が湧いてくる曲ですよね。 
  ※ブラバン甲子園宇宙戦艦ヤマト』視聴→コチラ
 『ヤマト』は、プロ野球阪神の大和選手も、登場曲として使っていたそうですよ。(阪神ファンの方、知らなくてゴメンナサイ)

 素敵な動画をみつけました♡
 
 このシリーズはなんと4本も!
 愛されてるなー「ヒゲ先輩」♡♡♡
 
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№45(#86) ~今更だけどダイAがトレンド入りした話題~


 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズの第45回目。
 奥村が青道高校野球部の一員になって、かなりの話数が消化されましたが、まだ作中時間ではゴールデンウィーク明けの5月11日なんですね。
 風薫るよい季節です。
 高校球児にとっては、夏の甲子園出場を狙う夏大会のレギュラーを部内で競う頃でしょうか。

 #86top
 「打てる捕手は貴重」と言われますが、第86話「祝砲2」では一軍(御幸一也)二軍(奥村光舟)の捕手が大活躍!(含由井薫)
 そうそう、昨夜のプロ野球で、延長10回にサヨナラホームランでジャイアンツに勝利を導いた宇佐見真吾選手も捕手でした!
 しかも一軍に昇格したばかり(初ホームラン初打点)
 
 ◆参照◆
 宇佐見真吾 1号 サヨナラ 2ラン ホームラン 2017年8月18日 巨人vsDeNA動画(ホームランは03:30付近)

ダイヤのA actⅡ 第86話 「祝砲2」
   
   2017年7月12日(水)発売少年マガジン第32号
#86祝砲2_1500x990b
奥村光舟の活躍>
 ・登場回数・・・4コマ
 ・セ リ フ ・・・ナシ


 実はですね、1年ながら早々に一軍入りした「由井少年」こと由井薫くんが、とても気になっています。
 世界大会のキャプテンを務めた男ですよ油井くんは!
 技術もさることながら、クレバーであり、人間としても出来た人物なはずです。
 反面、体が小さいことで、思い悩んでいると思うんです。

 ▼左:自己紹介での希望(第12話) 右:試合に出るための妥協?(第86話)
 #86由井2
 「キャッチャー志望」と宣言したのに、片岡監督から他のポジションを打診され、受け入れた由井くん。
 これまでも降谷の何気ない言葉にダメージを受けつつも、飲み込み健気に振舞う描写がありました。
 なんだかね、適切な言葉が見つからないんだけど、不憫というか可哀想というか・・・
 由井くんには「報われてほしい」、「心の底から笑ってほしい」と願ってしまいます。

 奥村光舟オシなのに、ライバルの由井の活躍を願うのは矛盾してると思われても仕方ないですが、「友達になりたい」と思うのは由井かな。
 気を遣い過ぎて、由井くんの胃に穴があきませんように!!

 ところで、先月 轟雷市 がトレンド入りしてビックリしましたね!
 トレンド入り 

1 マーニー
2 思い出のマーニー
3 西川遥輝
4 SMGO
5 轟雷市  ←←←←←←
6 内川聖一
7 地獄少女
8 ふとっちょぶた
9 太っちょ豚
10ユメマカセ


 ソフトバンク柳田悠岐選手が、「報道ステーション」で「フルスイングの参考にした選手とか?」の質問に、

ダイヤのA轟雷市を見て『こいつになりてぇ』と思った」

 と答えたことが発端のようです(動画05:30~)
 寺嶋先生も大感激だったようです。
 雷市や薬師の活躍、漫画でもそろそろ来そうですね(*^^*)

 ◆参照◆
 柳田悠岐「憧れの野球選手はダイヤのA轟雷市というキャラクターです」(July 14, 201723:34)コチラ(動画あり)

web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№44&#84「俺がいる」、#85「祝砲」感想

 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズ、其の44(歯抜けあり)でございます。

ダイヤのA actⅡ 第84話 「俺がいる」

   2017年6月28日(水)発売少年マガジン第30号

#84俺がいる2000x1060
奥村光舟の活躍>
 ・登場回数・・・2コマ
 ・セ リ フ ・・・ナシ


 対鳴工戦、4回までヒット1本に抑えている沢村くん。絶好調☆と思いきや、「少しハイペースなのが気になる」というのが御幸の見立て。
 そういえば、いつもより汗が多いかな。

 そして迎えた5回の青道の攻撃、ここで沢村になんと初打点が!!!!
 しかもこの当たり、ソフトバンクの柳田悠岐選手が*「笑撃の一打」と言われたアレ(6月6日セパ交流戦ヤクルト-ソフトバンク:於ヤフオクドーム)と同じですよね。
 
 これまでも、プロの試合や甲子園のシーンが参考になっているという話は多々聞いたけど、自分で分かったのは初でした。嬉しいものですね(*^^*)
 甲子園の予選も始まっていることだし(近所の球場でもやってます)、できるだけ実際の試合もたくさん見て、『ダイヤのA』をもっと深く濃く楽しみたいと思った一幕でした。

 さて、第84話は、去年の冬、沢村と御幸が色々と試している場面から始まりました。
 御幸が高島副部長に説明するには「色々と試しているだけ。握り方を」らしいです。
 でも沢村に「最重要課題は球速を上げること」と言い、球速が増しクセ球に磨きがかかれば、それは変化球として立派に通用すると告げます。
 この言葉を聞いた時の沢村の嬉しそうな顔が、とても印象的でした。

 他には、鳴工の4回の攻撃が終わってベンチに引き上げる沢村に対して、ベンチで控える選手達(狩場・高津・金田・山口など)から大きな声援がかかるシーン、胸が熱くなりましたね。
 下から這い上がって控え投手になり、エースが怪我で離れているとはいえ大活躍の沢村には、ベンチのみんなは共感するんでしょうね。

 84話「俺がいる」は、「沢村くん 投打に大活躍の巻!」という内容でした。
 沢村の活躍をじっと見つめる奥村君のコマがラストでした。
 意味深?

ダイヤのA actⅡ 第85話 「祝砲」

   2017年7月5日(水)発売少年マガジン第31号

#85祝砲
奥村光舟の活躍>
 ・登場回数 ・・・1コマ
 ・セ リ フ ・・・ナシ


 6回まで鳴田工業を無失点に抑えていた沢村でしたが、7回表にピンチが訪れます。 
 四球後にヒットが出てワンアウト二三塁、鳴工チャンスの場面で迎えるのはバッターは4番の子安君(ごつくて強そう)!
 いつもなら内野フライに抑えるかなって場面だけど、前回御幸が心配していたように、沢村は普段より消耗している感じですね。
 結局ライト深くへ犠打を運ばれ、タッチアップで1点返されました。
 といっても、まだ5点差だけどね(・ω<)
 
 ツーアウト三塁で、相手の5番打者はフルカウントまで粘ったものの、インコースに投げた渾身のストレートは詰まった当たりでスリーアウト!

 鳴田工業戦の沢村の成績は、7回98球、被安打6、四死球2、奪三振5、失点1

 7回で98球は沢村にしては多く感じるけど、すばらしい成績だと思います。
 主人公が活躍すると、読者もテンション上がりますよね!
 スポーツ漫画は、やっぱり読後にスカッとする内容が好きです。

 ▼85話でお気に入りのシーンがこれ
 #5p7s1053x293
 7回を投げきってベンチに戻った沢村に、控えのみんながドリンクを差し出してます。
 常にクールで、金丸には敵対心剥き出しの高津までもw(゚o゚)w
 沢村の人柄がみんなを惹き付けるのは勿論、誰よりも努力する姿をリスペクトされているんでしょうね。
 このシーンで涙ぐんだのは、きっと私だけじゃないと思います。


 もう一つの85巻の目玉は、東条がマウンドに上がったこと!!
 現在の青道はピッチャーが粒揃いだけど(2年:降谷・沢村・金田/3年:川上・川島)、打てて守れて投手もできる外野手がいるって心強いわ!
 親友の好投に刺激されたのか、それまでの練習試合で2割しか打てなかった金丸がホームランを打ったのも超うれしかったです。
 金丸のホームランって初めて見て大興奮!
(無印の『ダイヤのA』は未読なので、初めてじゃなかったらスミマセン)
 しかも金丸のホームランが85話のタイトルだったことも、金丸ファンとして行幸でした!


+++++++++++++++


 ※延長10回2死三塁。柳田はヤクルトのサウスポー久古に2球で追い込まれたが、3球目のシュートを何とかバットに当てた。「やばいと思った」という打球は三塁線に力無く転がった。ところが打球はファールゾーンへと切れるのを待ったヤクルト守備陣の目の前で塁線ギリギリでピタリと止まったんです。その間に三塁走者が返り、ソフトバンクのサヨナラ勝ちとなりました。
 当たり損ねのゴロが、三塁側のファウルラインぎりぎりで止まるサヨナラ内野安打になったわけです。


 ▼ボテボテの三塁ゴロがファウルラインぎりぎりで止まり決勝打となった柳田選手
 
 ▼沢村くんの初打点のシーン
 #8417c
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№43 &第82話、83話感想 ~女々しい御幸もいとをかし~

 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズ、其の43でございます。
 今回は第82話 「確固」と最新(明日84話が掲載されるけど><:)83話 「BLOOM OF YOUTH」から。

 ところで、81話の奥村光舟まとめ№42《こっそりタイヤ引きに取り組む奥村の姿が思い浮かんだ》私でしたが、奥村くん、《こっそり》どころか《堂々と》やってくれましたね!
    #83K
 登場時は「二の線」と信じて疑わなかった奥村くんですが、ここ最近の動向ではまさに「ネタキャラ」。
 失望感が無きにしも非ずですが、それを上回る期待感が私の中に芽生えています。
 頑なな奥村をネタ化させる程の影響力を沢村(プラス御幸?)が持っているということでしょ?
 沢村がクリス先輩(と御幸?)によって輝きを増していったように、奥村くんを成長させていくのが、主人公沢村栄純の新たな役割のようでファンとしては楽しみで仕方ないd(≧ω≦*)。+゚

ダイヤのA actⅡ 第82話 「止まんねぇからな」

  2017年6月14日(水)発売少年マガジン第28号

 #23止まんねぇからな
  ・登場コマ ・・・4コマ
  ・セ リ フ ・・・ナシ



ダイヤのA actⅡ第83話 「BLOOM OF YOUTH」

  2017年6月21日(水)発売少年マガジン第29号
#83BLOOM OF YOUTH
  ・登場コマ ・・・2コマ
  ・セ リ フ ・・・ナシ


 83話のタイトルは、ちょっと懐かしくの嬉しい、アニメ「ダイヤのA」の6代目エンディング曲のタイトルですね。
 ▼ED6「BLOOM OF YOUTH」 歌:OxT


 5月10日 青道Aグラウンドで、沢村くん先発の練習試合が始まります。
 対戦相手は千葉の鳴田工業。
 監督は茶沢一休という、茶道講師である私を直撃するお名前です。お顔は何処かの野武士っぽいですけど←
 ↓↓↓鳴工の面々。市大三高の天久くん、顔面偏差値診断を・・・とか鳴工関係者の皆さま失礼しましたm(_ _)m
 #83鳴工 
 対する青道の本日のスターティングオーダーは、
 1番:ショート倉持 2番:セカンド小湊 3番:ライト白州 4番:キャッチャー御幸 5番:ファ-スト前園 6番:センター東条 7番;レフト結城 8番:サード樋笠 9番:ピッチャー沢村 
 #83対鳴工オーダー2186x202b
 か、金丸くん(;´艸`) 打率が2割じゃレギュラーでいるのは難しいわね実際。
 サードは、3年の樋笠さんと、2年の金丸、そして2軍から上がってきた2年の高津の争いだわね。
 一番打てる者が定着すると思われるので、三人ともガンバ!
 
 試合の方は青道先攻で、まず倉持が初球(?)をライト方向へ打ちヒット。
 なお、倉持は鳴工に進学できなかったという過去が描かれました。 (「フラれて良かったじゃない」by小湊亮介)
 2番春市は、センター方面への安打で倉持3塁まで進塁! サスガチーター様!!
 白州セカンドゴロ(?)の間に倉持ホームへ還って先制\(≧∇≦)/

 御幸フォアボールでランナー1、2塁
 一塁へ向かうとき、御幸の回想入ります。
 時は昨夜、降谷が病院から帰って来て沢村の「俺は止まんねぇからな」の後。
 御幸が降谷に何か声をかけようか迷っていたその時、副キャプテン前園がキャプテンシーを発揮!
 #83zono
 「こういう部分なんだろうか・・俺に欠けてるのって」と頭をかいて下を向いちゃうキャプテン御幸。
 アレ?今更じゃないですか御幸さん。
 ここは「ゾノ、ありがとう」と感謝する場面ですよ笑顔で。 その場じゃ無理でしょうけど。
 器の大きいところを見せてほしかったな。
 まぁね、御幸って案外女々しい、というか器小さい感じがします。
 もしも沢村がキャプテンだったら、前園の背中をバンバン叩きながら、「よくぞ言った!さすが副主将!! 俺が言いたいことを端的に述べてくれて! ワッハッハ!!」・・・な感じで場を明るくしたかも。
 とはいえ、実はそんなにヒーローじゃない御幸が、人間味があって好きだったりするのよ。
 
 次回はいよいよ、1回表に味方に3点も取ってもらった沢村くんのピッチングが始まります!

web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】感想&奥村光舟まとめ№42


 奥村の唯一のセリフ「タイヤか・・・」で、こっそりタイヤ引きに取り組む奥村の姿が思い浮かびました(*^^*)


 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズ、其の42でございます。
 今回は第81話 「確固」(2017年6月7日(水)発売少年マガジン第27号)より。
 

奥村光舟まとめ №42>
  ・登場コマ ・・・6コマ
  ・セ リ フ ・・・1
    P12:「タイヤか・・」
#81光舟



 センバツベスト4の白龍戦で好投した沢村くん。
 78話で監督から週末の鳴田工(千葉の強豪らしい)戦でも先発を言い渡され、絶賛赤丸急上昇中。
 沢村ファンとしては、嬉しいことこの上ない展開です!

 でも、なんかスッキリしない。
 それは、現青道エースの降谷くんが停滞しているから。
 選抜で対峙した、巨摩大藤巻高戦の本郷正宗くんを意識し過ぎじゃないですかね。

 互いに剛速球タイプだし北海道出身、と共通点はあるものの、青道と巨摩大じゃプレイスタイルが違うからね。
 降谷くん、目標に向かって真っ直ぐなトコロは素晴らしいけど、反面頑なというか思考に柔軟性がないっていうか・・・
 アクセルに例えると、「ON」「OFF」だけで、「遊び」の部分がないっていうかね。

 原因は降谷くん自身にあるだけじゃない。
 片岡監督の指導、というか降谷くんへの野球ノートの文章、少し言葉が足りないと感じました。
 もう少し具体的に、どのあたりを見つめなおすとかヒントを示してあげた方が良かったと思います。
 夏の甲子園予選までに、降谷・沢村のダブルエースを固めて、真に「青道、黄金時代」を築いてほしい。

 降谷くんは暴騰した最終コマの表情が心配だけど、現時点で投手陣は降谷・沢村のエース候補に加え、コントロール抜群のノリ先輩に金田に川島も調子は上々。
 それに比べて打線が渋いですね。
 GWの試合で打った印象があるのは、御幸、白洲、春市、結城(ただしエラーも多い)、高津で、倉持や金丸、ゾノ先輩はチャンスに打てなかった印象。
 去年の亮介、伊佐敷、結城兄、増子先輩の打線に比べちゃうと、正直心配しかない。
 いくらピッチャーが好投しても、点が取れなきゃ勝てませんから。

 っていうか、この流れ、もう何度も描かれているような・・・特にゾノ先輩が鬼の形相で自分に発破をかけつつバット振るシーンはデジャブです。
 決して作者様に異議を唱えているワケじゃないんです。ゾノ先輩好きなんで、そろそろ一皮向けてほしいと願っています。真剣に!!!
 #81洋さんカコイ#81白洲先輩
 スイッチヒッターの倉持は左に専念すると春市に宣言。白州は常にストイックに結果出してくれて、まさに頼れる先輩です。

 #81サード争い
 打率2割の金丸は正直サードレギュラー危ないですね。
 樋笠先輩と高津くんと三つ巴の争いになりそうです。
 頑張れカネマール!!

 とにかく! 青道に必要なのは打てる人! 点を取れる打線!
 野球はみんなが頑張ってこそ勝てるんですもの。
 そう、降谷くん、自分が零点に抑えても勝てるわけじゃないよ。
 分かっているはず! 本郷君のことはひとまず置いといて、信頼できる青道メンバーの顔を一人ひとり思い出してみて!


web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№40(仮)


 お久しぶりの【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟の全コマと全セリフを抽出するだけのシリーズでございます。
 (仮)なのは、№33(第58話「スイング」)からサボって歯抜け状態だから(; ̄ー ̄A
 
 今回は第77話 「黄金時代」(少年マガジン第23号 2017年5月10日(水)発売)より。
 75話で久々に登場した奥村くん。GWは2軍の試合で存在感を示しました!
 2勝した試合でマスクを被り、好リードに加え4打点と打つ方でも大活躍ですよ奥村くん(ノ〃^▽^〃)ノ

 でもさ、青道って一軍に3人もキャッチャーいるから、どう考えても奥村くんは上へ上がれない。
 可能性としては、小野先輩が怪我するか(オイオイ)、由井くんが何処かにコンバート。この場合、金丸くんか誰かが落ちることに?
 考えると悲しくなるから、この話題はこの辺で終了させて頂きますね。

奥村光舟まとめ №40>
  ・登場コマ ・・・6コマ
  ・セ リ フ ・・・7
#77la
<第77話「黄金時代」奥村光舟全セリフ>
P3
「ボール探しにいくか」or「だな」 ※九鬼との会話
P20
「何ですか?」
「そうですよ」
「じゃあ 一緒に観ましょうか」
「言いたいことが沢山あります」
「群馬の人に何をアピールしてるんですか?
「マウンドでは冷静で居てください」


 寡黙ではないけれど、積極的に会話するタイプではないと思われる奥村くんですが、何故か沢村とは良く喋ります。
 会話の内容は、ほぼ「お小言」ですけどね。どっちが先輩なんだか、って感じだけど不快感がないのは、沢村くんのキャラのおかげかしら。

 白龍との試合で好投した沢村くんが、『月刊野球王国』のネット記事に取り上げられベタ褒め!
 記事の内容は↓

白龍高校1-3青道高校 青道、黄金時代到来か
    #77記事la
エース降谷を温存しながら、選抜ベスト4の白龍高校を撃破。
特に先発、沢村栄純の好投は青道高校投手陣の充実を物語っており、白龍の揺さぶりや、ピンチにも動じぬそのマウンド捌きにはエースの貫禄すら漂わせていた。
永らくエースの不在を指摘されていた青道高校に表れた同学年の二人の投手「降谷暁」「沢村栄純」。
彼らの活躍次第では青道の「黄金時代」到来と言っても過言ではないだろう。


 沢村スキーの私にとっちゃ嬉しいことこのうえないですよ♪
 さらに嬉しかったのが、マネージャー全員が揃った描写があった事!
     #77マネ
 若菜ちゃんの反応も見たい、と思ったのは私だけじゃないよね?
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 03:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】奥村光舟まとめ№33&『ダイヤのA The RADIO』感想


 奥村光舟の全コマと全セリフを抽出しただけのシリーズ、其の33でございます。

 【其の33】は第58話「スイング」から。
 最新は2月1日発売少年マガジン9号、第65話 「アイドリング」です。イツオイツクカナー
 奥村くんは圭修高校(神奈川)との試合で打っていましたね。瀬戸君&加賀美君も大活躍(*´∀`ノノ゙

ダイヤのA actⅡ 第58話  「スイング」
  #58swing
    2016年11月30日(水)発売少年マガジン53号


 奥村君は、キャッチャーとして、また打者としてのセンスを片岡監督や落合コーチに披露したわけですが、御幸は見ていないんですよね。
 この辺どうなんでしょう?
 御幸VS奥村という展開はアリでしょうかね。個人的には非常に興味があるし、あれば喜ぶファンも多いと思いますけど。

奥村光舟まとめ №33>
  ・登場コマ・・・14コマ
  ・セ リ フ・・・4
#58スイングb
<第58話「スイング」全セリフ>
P14
・心配してるのかと思ったら 今度は打ち崩せか・・・・
・ははは 何なんだろうな あの人←瀬戸くん
P15
・さぁ・・ここからクリーンナップ
・一つ一つアウトを積み重ねていこう


 セリフは少なかったですけど、奥村くんは視線で語るタイプですからね(と言ってみる)
 個人的には喋り過ぎないでほしい。
 但し試合中に投手を上手く乗せるトークは別☆

 ところで、58号は表紙&センターカラーでした。
 そしてアニメで沢村栄純役・逢坂良太さんと、舞台で御幸一也役・和田琢磨さんが週替わりでパーソナリティを担当する『ダイヤのA The RADIO』の告知があったんです。
 #8みさわ515x343
 既に5回放送済み。各回の感想を。
 初回放送は二人一緒に神宮球場から放送。風の音など入っていて臨場感ありましたね。
 
 2回目は逢坂さん。ゲストはアニメの倉持洋一役、そして舞台では演出の浅沼晋太郎さん。
 どちらかというと、舞台の話が多かったですね。舞台好きなので嬉しかったです(*^^*)
 
 3回目は和田さん。ゲストは舞台で沢村を演じる小澤廉くん。
 小澤君の軽さがたまらない!(褒め言葉)
 和田さんは、テニミュ2ndで5公演(+ライビュ4公演)観ているので、挨拶をそつなくまとめたりのスキルを持っているのは分かっていました。
 でもラジオは初体験ということと、初回での逢坂さんのこなれたトークに比べると少し不安もありました。
 しかしそれを払拭してくれたのはゲストである小澤君! 彼のキャラクターで和田さんが御幸ポジとなり、ダイヤのAで御幸と沢村がじゃれてる様な雰囲気となり、実にスムーズに且つ盛り上がった進行になりました。

 4回目は逢坂さん。ゲストは引き続き浅沼晋太郎さん。
 始球式での失敗談あり、やはり舞台での話も多くて「本当にありがたとうございます」と拝みたくなりました。
 声優さんと俳優さんが刺激し合っているようです。浅沼さんが好きになってきました。

 5回目は和田さん。ゲストは舞台で結城哲也を演じる上田悠介さんと伊佐敷を演じる高橋良輔さん。
 和田さん&上田さんが野球経験者というのはね、テニミュの際に仕入れた情報。だから舞台の配役がピッタリだと思ったものです。高橋良輔さんも運動神経バツグンな感じ。筋肉すごいとか最初んの舞台の前の番組で言ってましたよね。
 
 『ダイヤのA ~ネット甲子園~』は途中で挫折した苦い過去があるので、『ダイヤのA The RADIO』は全部!最後まで!聴き逃さないことを誓います!!

web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】感想&奥村光舟まとめ№32

 ※『弱虫ペダル』、テニミュ(青学二・三代目/宮野真守けんぬ/初代氷帝)の話題もあるので地雷の方はご注意下さい


 【奥村光舟まとめ:其の32】をお届けします。
 【其の32】は第57話「教え」での奥村光舟の全コマと全セリフを抽出。
 最新は1月25日発売少年マガジン8号、第64話 「ライバル達」ですので、かなり遅れております(ノд`@)
 ちなみに64話では、奥村光舟くんの登場はありませんでしたね。

ダイヤのA actⅡ 第57話 「教え」
   #57
  2016年11月16日(水)発売 週間少年マガジン第51号(次回休載)


 扉絵が電車でテンション上がったわ!
 首都圏ってほとんど行ったことがないし、九州から車で行ったりしていたので電車に乗る機会もありませんでした。
 でも列車大好きなんですよ。
 御幸が乗ってた電車に乗りたい
 と思ったのは私だけでしょうか。

 九州には、「ゆふいんの森」「ななつ星」「或る列車」「A列車で行こう」「あそぼーい!」「いさぶろう・しんぺい」「指宿のたまて箱」「海幸・山幸」など観光列車がたくさんあります。乗車券が100万円オーバーで一生乗れない列車もあるけどね←
 お正月には鹿児島を走る「指宿のたまて箱」に乗ったんですよ。可愛くて素敵だったなー。

 ところで、青道の野球部は遠征しないのかしらね。
 九州に来てくれたら嬉しいけど、四国とかイイじゃない作者様の地元だし観光列車も多い。
 まぁ「アンパンマン」関係の列車が多いから、権利の問題があって無理よね多分>_<

 そういえば『ダイヤのA』はラッピング列車になってます?
 現在熊本では、復興支援のONE PIECEラッピング列車が走っています。
 スポーツアニメでは、『弱虫ペダル』が劇場版公開の2015年に2回(だと思う)ラッピング列車になっていますよね。
 やっぱりアレかな。劇場版がないとラッピング列車化は望めないのかしら。
 甲子園と絡めて関西の鉄道でやってくれたら嬉しいし、結構需要もあると思うんだけどね。

 気が付けばここまで鉄道の話を長々と(;´艸`) 
 スミマセン本当に御免なさい m(。≧Д≦。)m

<奥村光舟まとめ №32>
  ・登場コマ・・・28コマ
  ・セ リ フ・・・13
#57教え2200x970
<第57話「教え」全セリフ>
P7
 ・拓の足を見せられただけでも外野に十分プレッシャーをかけられたはず
P8
 ・初球はアウトコースのストレート
 ・外野を前に寄せているし 低めに集めたいはず
 ・甘いボールはまず来ない
P13
 ・カウント1-1
 ・低め中心の攻めだと思うが
 ・ランナー三塁に進んだことでパスボールが怖くなったはず
P16
 ・これでカウント2-1
 ・外にストレートを選択してきた
 ・これ以上カウント悪くしたくないハズ・・
P17
 ・俺の身体の中には あの人の教えが根付いている
 ・もう消せない・・
P18
 ・逃れられない━━━━


 57話も奥村くんは大活躍でした!
 前回がキャッチャーとして、そして今回はバッターとしての能力を見せ付けてくれました。
 しかも、瀬戸君とのグッドコンビネーションで、二人で上級生チームから1点を奪うという素晴らしさ!!
 “グッドコンビネーション”という単語で思わずテニミュを思い出してしまいましたが、奥村&瀬戸が“黄金ペア”と呼ばれる日も近いかも?
 でも、俊足の倉持がいるから、瀬戸君の即一軍レギュラーの可能性は限りなく低い。
 奥村&瀬戸が本格的に活躍するのは、御幸世代が引退してからかな。
 ものすごく勿体無いなー。

 この回で奥村くんは、シニアの元監督からの教えから「逃れられない」って苦悩してますけど、オバチャンからみたら「青いわね」の一言です。
 「シンキングベースボール」を叩き込んでくれた、素晴らしい監督じゃないですか。
 まぁ、若くて正義感が強いから、色々と許せない部分が多いのは分かります。
 15歳ですものね。その真っすぐさ、クリーンな感性はとても好きです。
 ただ、瀬戸君にはその色は感じられません。奥村君より精神的にオトナであることは間違いない。

 
<参照:1>
 ▼「グッド・コンビネーション」詰め合わせ。飲み物厳禁!吹き出します
 個人的には「グッド・コンビネーション」といえばDL3の氷帝なんだけど。そして宮野さんの正しい音程のも流石!

 

<参照:2>
過去のラッピング列車
 ・ルパン三世(JR北海道)・・・ガールズ&パンツァー
 ・ふらいんぐうぃっち(弘南鉄道)
 ・ポケモン(JR東日本)
 ・けいおん、ライブライブ、マクロスF(山手線)
 ・クレヨンしんちゃん(東武鉄道)
 ・夏色キセキ(伊豆急行線)
 ・弱虫ペダル(伊豆箱根鉄道・JR九州)
 ・ガールズ&パンツァー(鹿島臨海鉄道)・・・ラッピングバスも有
 ・銀河鉄道999(西武鉄道)
 ・ちびまる子ちゃん、きかんしゃトーマス(静岡)
 ・花咲くいろは(のと鉄道)
 ・ちはやふる、響け!ユーフォニアム、中二病でも恋がしたい(京阪)
 ・攻殻機動隊(京都丹後鉄道)
 ・アンパンマン(JR四国)
 ・ONE PIECE(くま川鉄道)・・・現在運行中(2月28日(火)まで)
 ▼この方向から映すとキャラがペダルを踏んでいるようでGJだと思いました
 
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】感想&奥村光舟まとめ№31


 【奥村光舟まとめ:其の31】をお届けします。
 【其の31】は第56話「戦う姿勢」での奥村光舟の全コマと全セリフを抽出。
 『奥村光舟ファン向け』なコアな内容ですが、お楽しみ頂けたら幸いです。
 今回は『BLEACH』との比較めいたことを書いていますが他意はありません。愛です! (要注意:御沢SSもどき有り)

奥村光舟まとめ №31>
  ・登場コマ・・・30コマ
  ・セ リ フ・・・16
#56自己主張
<第56話「自己主張」全セリフ>
P1
・必ず一軍(そっち)に上がってみせます(回想)
・その時には・・(同上)
P4
・食堂居残り組みの意地・・(回想)
・先輩達に見せつけてやろう(同上)
P8
・右投手(ピッチャー)でも稀有なタテに大きく割れる「ドロップカーブ」
・それがサウスポー独特の軌道で曲がってくるんだ
・投手(ピッチャー)としてこれほど強烈な個性は無い
P9
・本人がどれだけ自覚できているか
・バッターは完全に腰が引けていた
・もう一球 今度はしっかり枠の中に!!
P11
・次は外に(浅田とのサイン)
P14
・まだランナー三塁にいるぞ(浅田とのサイン)
・一息つくのは あと1アウト取ってから(同上)
P20
・投手(ピッチャー)が流れを作ってくれたんだ
・今度は野手陣(おれたち)の番だな
・まずは塁に出て守備を切り崩そう

▼P17のコレは含んでいません
#6ナイスボール



 浅田くんとのバッテリーで2、3年生を抑える56話の奥村くん、カッコよかったですね!
 シャッターチャンスも大ゴマも相変わらず多い。

ダイヤのA actⅡ 第56話 「自己主張」
    #56自己主張4
    2016年11月9日(水)発売 週間少年マガジン第50号


 作者様に最大級に推されてるなー奥村くん。
 ということで今後の活躍は確定でしょうが、ファンのハートを掴む事ができるかは、まだまだ分かりません (一目惚れした私のようなファンも多いとは思うけど)
 そして私は会を追うごとに浅田くんから目が離せなくなっています。
 素直&メガネキャラ、というと「弱虫ペダル」の小野田坂道くんと重なるからかしら///

 奥村くん、55話に引き続きタイトルページでもメインを張ってます。
 美しいプロフィール(横顔)でサービスショットだなぁ、とは思うものの・・・
 ▼左:56話、右:55話
 #56title #55タイトル
 ここ数年、読むマンガがほぼ『BLEACH』だけだったので、様々な角度やアングルで描かれるのが当たり前になっている自覚はあるの。作者様は抜群の絵的センスの持ち主だったし。
 特に先生は鼻の穴を描くのがお気に入りだったのか、斜め下からのアングル多かったし、個人的に面白いし上手いと感じていました。
 アレは鼻梁の高いキャラのみに与えられる特典(?)だったのかもだけど、一護、マユリ、白哉、藍染、陛下、ハッシュヴァルトは鼻の穴もイイ感じ()だったしインパクトあったなぁ。白龍高校の美馬総一朗

 ちなみに『ダイヤのA』で鼻梁が高くて鼻の穴も絵になりそうなのは、クリス先輩、御幸、真田、舜臣、鳴、そして奥村くんかしら。
 ただイケメンを列挙しただけ、な感もあるけど()
 あっ、結城哲さんと降谷くん忘れてた(^^ゞ
 名前が分からないキャラで、61話に回想で出てきた白龍高校のこの人も、BLEACHだったら足許からのカメラアングルで鼻の穴抜かれそうです。
 #6白
 第2話「脚光」に出てきた、出塁率8割越えで両親が陸上選手なサラブレッド。お名前は美馬総一朗
 やだ、名前までカッコいい。和服や刀が似合いそうね(〃艸〃)
 なんでこんなイケメンを忘れてたんだろうワタシ・・・

 やだ、56話の感想が、ただのイケメンの鼻の穴で終わってしまったわ。

* ** * ** ** * ** * ** *

 自販機前で落としたコインを拾うため屈んだ沢村に、缶コーヒーを買いに来た御幸が近づく。
 「何やってんの?」
 「100円玉落したっス」
 「ハハ、期待裏切らねーなーオマエ」
 会話しながらも投入口へ硬貨を入れる御幸。
 ガコン! 取出し口に落ちてくるブラックコーヒー。
 「悪いな。お先」
 「・・っ、人の不幸を!」
 と地面を弄りながらも御幸を見上げる沢村。
 目に入ったのは、普段は見ることのない下から見た御幸の喉仏や顎のラインや鼻の穴。
 “鼻の穴までカッコいいとか、ムカツク!”
 「なに、じっと見ちゃって。あっ、見惚れてたとか?」
 「は?」
 ガコン! 取出し口に落ちてきたのはコーラ。
 「100円失くして失意の沢村クンに、後輩思いでイケメンなキャプテンからの プ レ ゼ ン ト ♡」


 お題『鼻の穴』でSSもどき。
 お目汚し失礼いたしました<(_"_)>

web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】感想&奥村光舟まとめ№30


 【奥村光舟まとめ:其の30】をお届けします。
 【其の30】は第55話「戦う姿勢」での奥村光舟の全コマと全セリフを抽出。
 『奥村光舟ファン向け』というコアな内容ですが、「楽しみにしている」という嬉しいお言葉もあり、今回も奥村君のコマを指折り数えました。

 前回54話では、奥村の浅田に対するセリフ(「通用するよ」)がタイトルで嬉しさがこみ上げましたが、今回の奥村はタイトルページに登場です。
     #55タイトル
 どんだけプッシュされてんのよ奥村くん。
 嬉しすぎて、裸で逆立ちして町内一周できそうよ。

奥村光舟まとめ №30>
  ・登場コマ数・・・39
  ・セ リ フ ・・・19
#55戦う姿勢2517x1163
<第55話「戦う姿勢」全セリフ>
P3
・俺の期待なんかに応えなくていい
・俺達が戦うのは先輩達だろ
・まずは目の前のアウト一つを取りにいこう
・まだ3回
・一つ一つアウトを積み重ねて最少失点に凌いでいけば
P4
・必ず勝機は見えてくる
P6
・拓・・今なんて?
・内野への声掛け徹底するぞ 拓
P10
・タイムお願いします
・いや悪くない
・むしろ安心した
・気持ちが逃げてたらワクの中には入ってこないからな
・今みたいにしっかり腕振ってこいよ
・その方がカーブとのギャップをつけられるからな
・さぁいこう!
P11
・敬語いらない
・打者(バッター)集中しっかり腕を振れ
P13
・ファースト!
・確実に!


 54話で、素直な性格ゆえ他人を高評価し自分を過小評価しがちな浅田に、「通用するよ」と魔法の言葉で浅田の心を掬い上げキャッターとしての資質の一端を見せてくれた奥村。
 そして今回は、親友瀬戸拓馬の言葉で、ピッチャーを乗せる話術の才まで表してくれました。
 引き出しがたくさんありそうですね、奥村くん♡

ダイヤのA actⅡ 第55話 「戦う姿勢」
     第55話 戦う姿勢
   2016年11月2日(水)発売 週間少年マガジン第49号


 タイトルはもっち先輩こと倉持洋一のセリフです(*・´艸`・*)
 主人公と同室で、ダントツ人気の御幸と同じクラスな倉持は、最近は出番が多いとは言えないけど、要所要所で肝になる言葉を落としてくれる。
 耳タコでしょうが言わせて下さい。倉持くん、大好きなキャラです!
 倉持に関して気になる事といえば、【奥村をどう思っているか】ですね。
 正直、あまり関心なかったんじゃないかな。
 でも、お兄ちゃん気質の倉持が、(態度には表していないけれど)可愛がっている浅田を、精神的技術的に好リードする奥村の手腕に一目置いたのは間違いないと思う。
 奥村の、5号室での評価が上がるのは素直に嬉しい。

 ところで、これまでも奥村を意識する描写があった由井くんが、はっきりライバル意識を示しましたね。
 最近の由井くんといえば、読者へ分かりやすく説明してくれる解説者ポジ。
 今回も、紅白戦に望む1年生の現状を教えてくれて、私としてはとっても助かりました。
 今後は奥村くんとポジション争いになるんでしょうが、二人とも一軍メンバーになる、と予想しています。

 アニメ「ダイヤのA」を見るきっかけが、声優の東地宏樹さんだった私は、当然の如く片岡監督LOVEです。
 55話では「ストライーク!!」の一言しかセリフはありませんでしたが、東地宏樹さんの声や漏れる息遣いはバッチリ脳内再生されております。
 残念だったのは、大川透さん演じる落合コーチに今回セリフがなかったこと。
    #5p19落合278x280
 好きな声優さんが演じていることで、そのキャラクターを好きになるってよくあることだと思います。
 落合コーチは、まさにソレ。
 とても人間臭いキャラで憎めないんですよ。
 いつか「ダイヤのA actⅡ」がアニメ化される暁には、是非また同じ声優さんでお願いします!!

 


web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ダイヤのA actⅡ】感想&奥村光舟まとめ№29


 【奥村光舟まとめ:其の29】をお届けします。
 【其の29】は第54話「通用するよ」での奥村光舟の全コマと全セリフを抽出。
 最新は60話なので、1ヵ月半も週刊少年マガジンより遅くなっています。
 「奥村光舟ファン向け」というか、ほぼ自分の為の記事ですが、「楽しみにしている」と言って下さる方もおられますので続ける予定です。

奥村光舟まとめ №29>
  ・登場回数・・・21コマ(回想含む)
  ・セ リ フ ・・・10(回想含む)
#54#54通用するよla
<第54話「通用するよ」全セリフ>
P17
・通用するよ
・その長身でサウスポー
・あの角度から曲がってこられると先輩達も面喰うと思う
P18
・食堂居残り組の意地・・
・先輩達に見せつけてやろう
・(回想)うるさい
・(回想)くだらない話に食欲が失せた・・
・(回想)気分が悪い
・(回想)食べるスピードは遅くても
・(回想)そいつはいつも残さず食べているんですよ・・


 回想部分は第25話「バトルXバトル」、食堂で居残っている同室の浅田を沢村がキャッチボールに誘い、その言動にカチンときた奥村が沢村に噛み付き・・・の場面ですね。
 この回は、未来のバッテリー奥村と沢村が初めて絡んだ記念すべき回でした。
 しかも当時としては、過去最高に奥村君が喋ってくれた謂わば神回!
 そして沢村に突っかかる奥村くんを見て、誰しもが【奥村ツンデレ説】を確信したのでした()
 #25ハイライト 
 ↑左のコマを見て、身長は【奥村>沢村】と思ったら、次の週には奥村くんが沢村くんより気持ち低いと判明したのでした。
 

ダイヤのA actⅡ 第54話 「通用するよ」
          #54期待の新人
    2016年10月26日(水)発売 週間少年マガジン第48号


 奥村のセリフがタイトルです♡
 それだけで幸せになれるって言ったら「薄っぺらいオンナだな」と思われるかしら。
 でも、嬉しいものは嬉しいんです。
 寺嶋先生、私を幸せにしてくださってありがとうございます!

 さて、紅白戦では先発の九鬼くんが好投するも、バックの1年の守備が拙いため、2回途中で8点も失ってしまいました。
 とはいえ九鬼君、メンタルが相当強い。
 落ち込む守備陣に大きな声でハッパをかけています。
 こういうところ沢村と重なりますね。好感度上がります。
 #54狩場沢村
 狩場が、九鬼を見て自分のことを思っているなんて露ほども知らない沢村くん。
 浅田くんが心配でこっそり覗くとか、可愛すぎ///
 本人はこっそり覗いているつもりでも、1年生たちからもレギュラーからもバレてる、というのもお約束ですね。

 今回は、狩場くんの見せ場が多かったことも嬉しかったですね。
 沢村の相手をしてくれる狩場くんは好きなキャラの一人なんです。
 沢村、降谷、春市、金丸、東条の五人が仲良し(?)で語られることが多いけど、個人的には狩場君を加えた六人グループでお願いしたい。
 ▼54話でチェックしたいキャラ(右から狩場、瀬戸、九鬼、浅田)
#54四人
 1年生チームは4回からバッテリーと守備が変わりました。
 いよいよ浅田&奥村&瀬戸くん(50音順)の試合デビューです!
 とここで、名前を呼ばれたものの、気持ちがイマイチ前を向いていない浅田くんに「通用するよ」と声をかけたのが奥村君なのですよ。
 奥村くん、読心術の使い手!?
 抜群のタイミングで声をかけられ、不安を払拭するだけでなく自信をつける魔法までかけられた浅田くん。
 奥村は居残り組みで沢村から浅田を庇ったこともあったし、浅田くんの尊敬と信頼をガッチリ掴みましたね!

 九鬼くん、ルックスが倉持先輩と似ているだけでなく、ファーストネームが「洋平」と、倉持洋一の「洋」まで被っちゃってたんですね。 
 二人とも、男気がありながらも観察眼が鋭く細かいところに目が届きそう。
 そして絶対に、将来は奥さんと子供を大切にする、良き夫、良きパパになること間違いなし☆
 いえいえ、私はマイダーリン金丸信二くん一直線ですよ。浮気はしません←

 瀬戸くんについては、一目観た時から、ツンデレな親友の足りない言葉や行動を上手くフォローするポジだと思っていました。
 そう、「黒バス」の高尾くんタイプ。
 瀬戸くんも非常に目が利く人のようです。周りをよく見ていて、その場でベストの行動が取れる人。
 誰が相手でも同じ態度で接するから、男女共に友達が多い。
 今回も、ベンチからの声賭けなど、奥村くんには出来そうにない(オイオイヾ( ̄o ̄;)行動に評価がさらに上がったのでした。

 ▼54話のイケメン枠
 #54イケメン
 松方シニアの後輩九鬼のピッチングを見つめる東条くん。
 原作未読、アニメも最初の頃は見ていなかったんですが、1年前の紅白戦で1年生チームの先発は東条くんだったんですよね。
 それでピッチャーを諦めて野手に転向し、早々にセンターのポジションをゲット。
 打てるし、守備はうまいし強肩だし、実はピッチャー返り咲きも狙ってる・・・とプライヤーとしてのポテンシャルはかなり高い東条くん。
 近い将来、青道のピッチャーとして背番号「10」を担うかな、と思っています。
 実質ナンバー2の沢村は、背番号「18」に拘りそうな気がするので。

 『ダイヤのA 公式ガイドブック 表』 で青道野球部をチェックした時には、失礼ながら目立っていなかった「ナベちゃん」こと渡辺さん。
 アニメで、声が石田彰さんだって分かってから注目したミーハーな私をお許し下さい。
 actⅡからしか読んでないけど、優しげで、すごく綺麗なお顔ですよね。
 クリス先輩→渡辺、と青道野球部の頭脳(と顔面偏差値)を預かる系譜は、沢村世代の誰に引き継がれるのかも気になるところだわ。
web拍手 by FC2

| ダイヤのA | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT